ルーティンを忘れるとキープ率が下がる?

こんにちは!山田です!テニスにおいて、サーブはポイントの始まりです。故に、サーブが勝敗を握っているといっても過言ではありません。そんな重要なサーブ、つい焦って、何も整えないまま打ってはいませんか?ぼくが試合をしていて、ブレイクされてしまう時というのは、大抵いつも通りサーブを打てていない時です。狙って・・・構えて・・・ボールをついて・・・もう一回狙って・・・そんなルーティンを忘れてしまっている時は、大抵ブレイクされてしまいます。

サーブは構えで決まる?

サーブは、唯一、誰にも邪魔されずに打てるショット。一つ一つ確認が出来るショットです。だから、基本相手より優位に立てます。しかもそれを、2回も打てますしね!だからこそ、他のショットよりも、より丁寧に準備していく事が大切だと思います。特にぼくは、構えに入る前のコース選び、打ちたいサーブのイメージ選びを大切にしています。構えを特にコースも考える事なく流れで作ってしまうと、足元が浮ついた状態になり、不安定なサーブになりやすくなってしまいます。なので、基本的に構える前に、コースを選択するように心がけています。

サーブに入る前に準備は大切に

しかし、パニックになっていると、これをつい忘れてしまうんですよね。「はよ点数とらな・・・」「はよ追いつかな・・・」という気分が焦りを生み出し、いつものルーティンをおろそかにしてしまいます。テニスは、焦って点数が増えるスポーツではないのに・・・皆さまはどうでしょう?一度ブレイクされてしまった時の自分を思い出してみてください。焦って、いつもと違う流れでサーブを打ってしまっているのではないですか?足元は、しっかり整っていますか?ピンチな時こそ、しっかり足元を整えてサーブに入るようにしてみてくださいね。それでは今日はこの辺で。

そんなブログの内容を深めたい方はこちらをどうぞ☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5月からジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

簡単なプロフィール

大阪の高槻にて、テニスのコーチング活動、および、メンタルセミナーを取り行っております。
また、毎日配信のメルマガ、動画によるレッスン解説等もとり行っておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
メルマガ
actk-tennis.com/mail-magazine/

動画ページ
https://youtu.be/DFQFHtQe4Wc