「くの字」の体勢、よく怒られたりしません?

姿勢真っすぐって本当に正解?
しっかり打ち込む時に、つい「くの字」に曲がっちゃう山田です。
よく、
「軸を真っすぐ~!姿勢を真っすぐ~!」
て、コーチングが入る事ってあったりしますよね。
けど、どうしても曲がっちゃうことってありませんか?
・ぼくみたいについ「くの字」になっちゃう
・真っすぐにしようと思っていても「くの字」になっちゃう
・早くボールに入って時間があってもやっぱり「くの字」になっちゃう
まるで「くの字」に呪われたように、「くの字」になってしまう事ありませんか?

実はクロスタイプは「くの字」OK?

こういう方って逆に「くの字」にしていた方が力が入ったりしません?
「軸真っすぐ!背ピーン!」はバランスが悪くなちゃう感じになるな~的な。
そんなあなたはクロスタイプかもしれません。
このつい「くの字」になっちゃう問題にはちゃんと理由があります。
実はクロスタイプは、
動作を起こす際に、対角線上の肩と膝をひっつけにいくように行う特徴があります。
つまり今回解説しているフォアハンドですと、テイクバックの際に、左肩と右膝ですね。
この2つをひっつけに行くように動作を起こす特徴があります。
そのため、テイクバック時に上半身が倒れ込む特徴が生まれる事があります。

「くの字」だからスイングは円を描く

イマイチ文章ではわからないなぁ・・・
という方は、どうぞ第2話をご覧ください。
「強烈なフォアハンドは姿勢を真っすぐが大切!クロスタイプはやらない方が良い?」

ちなみにこれはフォロースルーでも言えます。
クロスタイプは、テイクバック時に、左肩を右膝をひっつくけに行くようにとお伝えしましたが、フォローになるとこれが逆になり、右肩と左膝がひっつきに行くような動作になります。
前回お話した、
円を描かれるスイング
というやつですね。
なので、クロスタイプは、あまり体軸を真っすぐする事にこだわらず、もし「くの字」になってしまうなら、そのままスイングを続行しましょう。
ただし、余計な倒れ込みには気をつけてくださいね。
それに対してストレートタイプの方は、背中を後ろからつるされているように意識して、姿勢を真っすぐさせる事をお勧めしますよ☆
それでは今日はこの辺で。
「くの字」の山田でした!

チャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はこちらから☆

http://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ?sub_confirmation=1

※チャンネル登録には、Googleアカウントの登録が必要です!
登録方法は、このブログをご覧ください。
ブログ↓
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/5720/
公式HP↓
https://support.google.com/youtube/answer/69961?hl=ja

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪