スライス打ちたくなりました?

フェデラーのスライスのヒントは、体をねじる事。
どうもフェデラー山田です。
フェデラー!スイスの硬貨になるそうですね!
偉大過ぎる!
そんな偉大なフェデラー選手の代名詞とも呼ばれるスライス。
果たしてあれは、どのようにして生み出されているのか!?
さて前回、スライスの必要性についてお話させて頂きましたが、いかがでしたか?
スライスは打ちたくなりましたか?
じゃあそのスライスはどうやって打てば良いのでしょう?
スライスって・・・
・イマイチ力が入らない
・軌道が安定しない
・質の良いスライスが打てない
なんてことによくなったりしますよね~。
なのでスライスをペースチェンジに使ったとしても、逆に相手のチャンスをあげちゃうはめになってしまう事もよくあると思います。

フェデラースライスのコツはねじるタイプ?

フェデラースライスのカギは、体をねじるか、ねじらないかここになります。
実は人は、体をねじった方が体軸が安定しやすくなる方と、そのまま上半身下半身を一緒に回した下ほうが安定する方と、2タイプに分かれます。
このタイプは、アッパータイプとダウンタイプの中にさらに2タイプに分かれるそんな感じです。
つまり、
アッパーのねじる
アッパーの回る
ダウンのねじる
ダウンの回る
こんな風に分かれます。

クロスタイプ・ストレートタイプの違い、どうぞご覧ください☆

百聞は一見にしかず!
よくわからない方は、どうぞ第2話をご覧ください。
「フェデラーみたいなスライス習得のカギは「クロスタイプ」にあり」

違い、よく出てましたね~。
ぼくはクロスタイプなのですが、正直ストレートタイプの方のように体全体を回すように打つと、どこに飛ぶか検討もつきません。
なんか・・・体を回した方が回転がかかりそうな気がするのに、ぼくにとってはそうではないようです。

ちなみにフェデラーはクロスタイプ

ちなみにフェデラーもこのクロスタイプな気がしますので、ぜひ一度見て見てください。
むっちゃ体残ってるので。
ちみにストレートタイプの代表は、バブリンカです。
この選手は逆に、体が綺麗にくるっと回ってますので、面白いですよ。
じゃあその影響で、他どんな事がスイングに起こってくるのか?
第3話では、その辺を解説していきますので、第3話も楽しみに待っていてくださいね!
それでは今日はこの辺で。
フェデラーと同じタイプなはずだけど、なかなかフェデラーになれない山田でした!

チャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はこちらから☆

http://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ?sub_confirmation=1

※チャンネル登録には、Googleアカウントの登録が必要です!
登録方法は、このブログをご覧ください。
ブログ↓
https://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/5720/
公式HP↓
https://support.google.com/youtube/answer/69961?hl=ja

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪