引き続きアッパーとダウンの比較映像をどうぞ

アッパータイプのようにスムーズに前に入っていければ、きしむ体に鞭を打たなくてもポーチに出られるのになぁ・・・なんて思う山TUBEの山田です。
まぁもちろん、ダウンタイプはダウンタイプで素敵な所はあるので、その辺は、互いにないものねだりなんですけどね~。
自分にない才能は、努力で、自分のものにしていきましょう。
という事で今回は、そのフットワークの違いを、比較してみました。
前回とは違い、前からではなく、横から撮影して、比較しております。
前回の動画がまだな方はこちらから☆
第1話
「これで正解!?アッパータイプのボレーって手首をガンガンに使ってますやん!」

第2話
「え!?アッパータイプって後ろ足からボレーしなくても良い!?」

第3話
「アッパータイプは天空輝くハイボレーですら下に打ちおろさない!?」

ダウンタイプは前に詰めるのが苦手?

はっきり言います。
ダウンタイプは、前に詰める事が苦手です。
いや、正確には、
前に進みながら打つのが苦手な傾向にあります。
逆にアッパータイプは、
前に進みながらでも、ヒッティングする事が出来ます。
なので、
・短いチャンスボールが上がってきたハイボレー
・流れるようなアプローチ
・前に詰め切る
この辺の動作が、得意と言えます。
もし、
「そんな事ない!私はアッパータイプだけど、その辺が苦手!」
という方がいらっしゃるなら、まだ自分の才能を活かしきれていないかもしれませんね。
・前に倒れ込まないように、構える・もしくは打つ
・後ろ足からボレーをする
・背中の軸を保とうとし過ぎている
もしかして、この辺をやり過ぎてはいませんか?
アッパータイプは、
体が前に倒れ込んで、お尻がプリっと出てしまうぐらい、前に入っちゃってボレーしても良いかもしれませんよ?

アッパータイプの最大の特徴とは?

アッパータイプの一番の特徴は、
前重心でヒッティングするという点にあります。
ですから、後ろ重心が残ってしまうような動作を意識し過ぎてしまうと、本来の体が喜ぶ動作を行えず、逆に動作がスムーズでなくなってしまうかもしれません。
と、口で説明してもイメージがつきにくいかもしれませんので、その辺の違いを、動作で比較してみましたので、ぜひご覧になってみてください。

いかがでしたか?
アッパータイプのボレーってけっこう「前!前!」て感じになってますよね~。
あれだけ前に入って打てるので、前への詰めが上手なのです。
じゃあダウンタイプはどのように詰めればよいのか?
それはまた、別の機会でお話出来ればと思います。
それでは今日はこの辺で。
山TUBEの山田でした!

チャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はこちらから☆

http://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ?sub_confirmation=1

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪