サーブの時なんだかスイングがやりにくい・・・

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
サーブの生命線はトス!トスに合わせたスイングではなく、サーブに合わせたトスを上げるようにする事が大切だと、ぼくは思っています。
お客様のサーブのスイングを見ていてよく思う事があるんですよね~。
なーんかぎこちなく振っているなぁ・・・
って。
実際お客様に今のスイングが感覚的にどうか聞いて見ると・・・
・なんか振りにくい
・手だけで振っている感覚がある
・力がイマイチ、入りずらい
そんな回答が返ってくる事が多かったりします。

ぎこちないスイングの原因はトスのタイミング?

何が原因なのか?
お客様の様子をよーく観察してみると・・・
あ、トスに合わせてスイングしているな~
と思う事が多かったです。
サーブはトスに合わせるのではなく、トスを合わせる事が大切だと思いますよー。
うまく説明できないのですが・・・
ぎこちないスイングをしてらっしゃる方は、トスを上げたボールに、うまくラケットを当てに行くように打っている気がするんですよね。
実際ストロークやボレーは、相手が打ってくるボールをヒッティングしないといけないため、ボールに合わせてヒッティングしないといけません。
ですから、その考え方をサーブでも当てはめていく事はよーくわかります。

サーブはラケット合わせでなく、トス合わせ

が、サーブは、自らボールを投げる事が出来ます。
つまり、
相手のボールに合わせて振る必要性がありません。
そのため、サーブのスイングが振りやすい所にボールを投げる事が可能である
という事が言えます。
ですから、
トスに合わせてラケットを振るというよりも、
振りやすいスイングの軌道の中にトスを入れてあげるという事が重要と言えます。
そうすれば、ストレスなくラケットを振り切っていけるので、自分らしいサーブを作る事が可能となります。
もし皆さまの中に、サーブのスイングにぎこちなさを感じている方がいらっしゃるなら、ここをしっかり修正してみてください。
自分らしい、振り抜きやすいサーブを導き出す事が可能になるかもしれませんよ?
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ