綺麗なフォーム、憧れますよね~

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です。
美しいフォームを作り出すためには、キレイな連鎖が大切です。
体が綺麗に連鎖されて稼働する仕組みをしっかりと覚えましょう。
きれいなフォーム、かっこいいフォーム、憧れますよね。
フェデラーのような脱力した流れるスイング
ジョコビッチのような、しなやかなしなりあるスイング
ワウリンカのような、ダイナミックなスイング
皆様も、少なくともいちどは憧れを持った事はあるかと思います。
しかし、再現しようとすればするほど、逆に動作が硬くなって、ちぐはぐなスイングになったり、きれいにインパクトできなくなったりして、困惑されたこともあることでしょう。

綺麗なスイングは、一部改善では生み出されない?

きれいなスイングは、一部の改善では生み出す事は出来ません。
体は、様々な関節、そして筋肉から形成されていますので、そのすべてをうまく使いこなし、それをパズルのように美しく連動させない限りは、完璧なきれいなスイング生み出す事は難しいと言えるでしょう。
が、そんなの難しいですよね〜。
下半身から上半身まで意識的に連動させるなんて…
やっぱりつい上半身だけに力が入ってしまったりして、力任せなスイングになって、フォームを崩してしまったりしてしまいます。

綺麗なフォーム構築のヒントは、子供達にあり?

では、どうすれば、連動動作を円滑にし、きれいなフォームを生み出せば良いのか?
ヒントは、子供たちにあります。
子供たちは、特に指導をしなくても、きれいなフォーム連動動作を円滑にし、きれいなフォームを生み出せば良いのか?
ヒントは、子供たちにあります。
子供たちは、特に指導をしなくても、きれいなフォームを生み出すことができます。
なぜか?
それは、体に似合わないラケットを振り回しているからです。
小さい子供にとって、ラケットは、とても重たい道具になります。
多分、大人が、大きめのコーンを振り回すくらいの感覚はあるかもしれません。
ですから、腕だけ、上半身だけでスイングし、ボールを打ち返すことが難しく、自然と体を連動させ、ボールを返球します。
この結果、子供たちは、自然と美しいフォームを生み出すことができると考えられます。

何か重いものを振って見ると、掴めるかも!

なので、もし皆様が美しいフォームを手に入れたいと思うのなら、体の負担になりすぎない程度の、何か重たいものを振って素振りをすると良いかもしれません。
その重いものを降っている時の体の感覚をしっかりと覚え、それをいつも使っているラケットに伝えていけば、きれいなフォームを手に入れることができるかもしれませんよ。
ただし、それでボールを無理にヒットする練習をすると、変に力が入って体を痛める可能性があるかもしれませんので、素振り程度にしておきましょう。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ