ファーストボレー困っていませんか?

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です。
ファーストボレーがあまり得意でない方は、ボレーを深く打たないようにしてみてください。
ファーストボレーってなかなか難しかったりしますよね。
ノーバウンドで処理するか、1回ワンバウンドさせるか迷ってしまったり、
ボールに追いつけなかったり、
ボディーの対応が難しかったり。
なぜ、普通のボレーと違って難しくなるのか?
それにはいろいろな要因があるとは思いますが、今回は、「準備ができる余裕」と言う部分に注目していきたいと思います。
ファーストボレーは、通常のボレーと違って、前に動くという、動きの流れの中に入れていかないといけないため、余裕を持って打つ事が出来ません。
そのため、判断力が欠けてしまったり、動きがたどたどしくなってしまったりします。

ファーストボレーは余裕を持てる仕組みを持つ事が大切

ですから華麗なファーストボレーを生み出すため、余裕を持てる仕組みを作りをより強化していきましょう。
余裕をより作る事が出来れば、判断力も上がり、ボレーまでの流れをスムーズにもっていけると、ぼくは考えています。
ではどうすれば、余裕を持てるようになるのか?
例えば、ボールの狙う場所を、サービスラインぐらいのショートコントロールに設定してみましょう。
そうすればテイクバックが自然と小さくなり、よりボールに近い所からラケットを出せるようになり、ヒットするまで余裕を作り出す事が可能となると思います。

具体的な行動に意識し過ぎない

ここで一つ注意点。
「だったらテイクバックを小さくしたら良いの?」
と思われるかもしれませんが、こちらはお勧めしません。
なぜか?
それは、
自分の考えとスイングが一致していない可能性があるからです。
例えば、深くボールをコントロールすると考えていた時、ボールをより遠くに
打とうと考えるため、基本的には、テイクバックは大きくなる傾向にあります。
がしかし、ここで「テイクバックは小さく」と考えると、そのやりたい事と、実際やる事が一致しないため、自然な動作にならず、ぎこちない動作になってしまい、失敗をまねく可能性があります。
なので、
改善したい動きがある

その動きをするためには、どういう意識でプレイをしていけば、その動きに自然になるのか
ここをしっかり考えて、プレイして頂ければと思います。
この事から、もしファーストボレーがうまくいかないと感じる方がいらっしゃるなら、一度短く打つよう試して見てください。
綺麗にヒット出来るようになるかもしれませんよ?
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

メルマガもやってます!

詳細はこちら!
myscoaching.info/mail-magazine/
ご登録はこちらから!