なーんか戻りが遅いぞ?

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
試合と練習は別物。
時には基礎を忘れ、その場に応じたプレイを選択する事も大切。
この前、お客様の平行陣を見ていて思った事がありました。
それは・・・
戻りが遅い
です。
なんというか・・・
・一度サイドに振られちゃったらもう戻ってこれない・・・
・打ったら戻る事はわかるけど、戻れていない・・・
・相方のカバーに入ったのはいいけど、その後の自分側のケアが出来ていない
そんな感じでした。

真面目に横向いてボレーし過ぎ?

なんでだろうな~
とジーと見ていると・・・
真面目にボレーし過ぎかな?
と感じたんですよね。
時には正面向きっぱなしのオープンスタンスボレーでも良いと、ぼくは思いますよ。
ケアが遅れる方は、全てのボールにきっちり横向きを作ってボレーをされようとしているんですよね。
確かにボレーで横向きを作る事は大切です。
しかし、ボレー戦というスピーディーな展開になると、ボールが返ってくるテンポも上がり、横向きが逆に命取りになる事があります。
横向きをしっかり作ってボレーしてしまうと、その分体を戻してくる時間がかかるので、元の位置に戻ったり、カバーに入るのが遅れたりしちゃうんですよね。

つったったままのオープンスタンスボレーもけっこう使える?

じゃあ実際ぼくはどうしているか、というところなのですが、意外にオープンスタンスでつったったままボレーする事が多かったりします。
その方が、常に相手側に体を向けていられるし、反応も早く動けるようになります。
それが全ての状況で良いというわけではないのですが、少なくとも、早い展開になった時は、そっちの方が対応はしやすいと僕は感じますね。
ですから、ボレー戦に入った時は、基本、足踏みではなく、カニのようにダブルステップを、よく左右の移動をしています。

生きた試合では、敢えて基礎を外す事も大切

このように生きた試合では、時には基礎を外す応用力というのが、重要になってくる事が良くあります。
なので、
「習っている事をしっかりやっているのに、なんで動けない!?」
と、試合で感じてしまった方は、一度基礎を外し、その時一番動きやすい動きを選択するようにしてみましょう。
意外にそれが、その時の答えだったりしますしね。
ぼくも、何か気付いたら、またお伝えしますね☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ