安定したショット、中々打てない・・・

こんにちは!
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
安定したショットを生み出すために、打つ瞬間に自分は石像になったイメージをしてみましょう。
安定したショットってなかなか、打てなくて大変ですよね。
・相手の強烈なスピンボールになると、はじかれてしまう・・・
・動いて打つと、うまくラケットに当たらない・・・
・しっかり止まって打っているつもりが、微妙にずれる・・・
ぼくも、どれだけテニスをしても、ここは課題だったりします。
やはり、どれだけしっかり軸を作って打てるかが重要だと言えますね~。
そこがしっかり作れれば、頭もブレないので、打点もずれにくく、強いボールにも負けなくなるのですが・・・
それがなかなか難しい!
意識していても、つい軸がぶれちゃいます。

石像になってみました

そこで、石像になったイメージで打ってみました。
この前久々に両手バックの練習をしてみたのですが、久々過ぎたので、なんかフワフワしていたんですよね。
そこで、石像になったイメージで、ヒッティングしてみたところ、久々にも関わらず、なかなか安定したショットが打てました。
石像になったイメージで打つと、膝が自然に落ち、しっかりとした軸が無意識に出来たんですよね~。
ぼくの中で、
石像=膝曲げ
のようです。

石像=膝曲げる?違います

「じゃあ膝を曲げる事を意識すれば良いの?」
と思われるかもしれませんが、そうではありません。
ある一つの動作に意識を向けると、他の所に意識がいかなくなってしまい、体がうまく連動しません。
なので、全体のイメージを作って、体のそれぞれの箇所は、自然に動く仕組みを作った方が、スムーズにスイングが出来るようになります。
ですから、体一部の意識ではなく、全体が連動するような「石像になるというイメージ」という感じで打つと、うまくいくわけですね。
ちなみこの「石像」というイメージは、人それぞれ違いますから、合う合わないはあると思います。
ですから、自分に合う、「軸がしっかりとしたイメージ」を探して頂きそのイメージでチャレンジしてみてくださいね☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ