キャッチ力を上げるのは脚力だけではない?

こんにちは!
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
ボールのキャッチ力は、走る能力を鍛える意外にも、打った後の初動を早くする事で、向上させる事が出来ますよ。
皆さまは、ボールのキャッチ力を上げるために、頑張って走る事ばかり考えたり、打ち方ばかり気にはしていませんか?
・私足が遅いから・・・
・ボールへの反応が遅いから・・・
・キャッチの仕方が下手だから・・・
確かにこの辺の要素は、キャッチ力を向上させるのに対して大切な事なのですが、実は、他にも見逃されがちな、要素があります。

キャッチ力を上げる方法、それはポジショニング?

それは、
打った後のポジショニングです。
テニスには、陣取りの要素があります。
つまり、
どれだけ相手よりも先に、優位になれる場所に立てるか、
相手に打つスペースを限定させる立ち場所に立てるか、
この要素が存在します。
ここをしっかり押さえておくと、相手のショットの読み取りが楽になり、結果キャッチ力を向上させる事が出来ます。
キャッチ力が乏しい方は、ここを向上させると、キャッチ力が向上するかもしれません。

打った後がけっこう大切

身体能力が高いのに、キャッチがイマイチな方をよく観察していると、打った後に足が止まってしまっている方が多いんですよね。
打った自分のボールを見続けているのか、戻れない態勢で打ってしまっているのか、その辺の理由は人それぞれだとは思いますが、ここがキャッチ力を落としてしまっている原因の一つだと、ぼくは思いました。
ですから、この打った後の動作を向上させ、いち早く優位なポジションに立てるトレーニングを行って頂ければ、キャッチ力を向上させる事が出来るでしょう。

打った後の初動を早くするトレーニング

ここで、この打った後の初動早くするためのトレーニング方法をお伝えしておきましょう。
基本は、「打ったら元の位置に戻る」という練習につきるのですが、なかなかすぐに忘れてしまう意識なので、その意識を無理矢理忘れないようにするよう、自分が戻りたい立ち位置に、コーンなどの目印を置いて、そこに戻りながらクロスラリーをする
と言った練習を反復して行うと良いでしょう。
繰り返し行えば、無意識のレベルで戻る癖が身に着くので、ぜひやってみてください。
特にシングルスに挑戦している方は、この練習をしっかり行いましょう。
もし皆さまの中で、キャッチ力が弱い・・・と感じた方は、一度、自分の打った後の初動を疑ってみてください。
夢中になると気付けない部分ではありますので、動画等で撮影し、確認してみてくださいね。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ