中途半端にマスターするより、敢えて偏りある戦い方をマスターしてみる

こんにちは!教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
テニスは、プレイ中に攻守の切り替えを瞬時に判断しないといけないスポーツなのですが、それが難しい方は、まずは、攻か守、そのどちらかを徹底してやるように、行っていきましょう。
皆さまのプレイ、中途半端になってはいませんか?
攻めるにしても、詰め切れず・・・
守るのにしても、ロブは抜かれる・・・
結果、中途半端な立ち位置に立ってしまっている・・・
でしたら、まずは攻と守、その一つを完全にマスターしてしまい、そこから、もう一方を習得するようにしてみましょう。
そうすれば、どこかのタイミングで、一方では通用しない段階が必ず現れてくるはずなので、そのタイミングで、もう一方を習得するようにしてみてください。
人間は、必要性が出てこれば、それに対する集中力が生まれてくるので、より集中しやすくなります。

攻撃と守備、どちらをマスターしますか?

ただし、中途半端な段階で、変えない方が良いと僕は思います。
まずはしっかり一方をマスターしてしまいましょう。
例えば・・・
「攻」は、決めきる事が目的なので、しっかり詰め切って、決めきる事をマスターするまで、やって頂き、
「守」は、とにかく返球する事が目的なので、どんなボール(挑戦しているレベルに対しての)が来ても、返球する事をマスターして頂ければ良いかな~と思います。
そこまでやり切れば、必ずどこかのタイミングで通用しなくなってくるので、そこからさらに、「攻」と「守」その一方を高めて頂いても良いですし、違う方を高めて頂いても良いと思います。

正直組みにくいとは言われると思います

なみに、こんなコーチングを行っていると、よく「そんな偏った事をしていたら、ペアに組みにくいって言われるんですけど・・・」とお客様に言われたりするのですが、ぼくはそれで良いと思います。
テニスはあくまで個人技。
それに調和してくれる方と組めば良いと、ぼくは思っています。
もし合わせるとしても、自分がどちらかをやり切って、完全にそれを理解してからでないと、上手に合わせられないとも思いますしね。
まぁ上手な方ほど、そんな事はおっしゃらないんですけどね。
中途半端な事をしていたら怒られますが、きちっと目的を持って行っていれば、それに合わせてくれます。
ですから、勇気を持って、とことんやりきってみましょう。
そんな事を踏まえて皆さまは、まず「攻」と「守」、どちらから始めますか?
自分で「もう出来ているかな?」と思っていても、さらにそこから、やり切ってみてくださいね☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

簡単なプロフィール

大阪の高槻にて、テニスのコーチング活動、および、メンタルセミナーを取り行っております。
また、毎日配信のメルマガ、動画によるレッスン解説等もとり行っておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
メルマガ
actk-tennis.com/mail-magazine/

動画ページ
https://youtu.be/DFQFHtQe4Wc</a