心からアプローチ編!

こんにちは!
教えられ下手を引き出す導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
ボレーをテーマにしたセルフコーチング、第4話!
今回は、
ボレーを打つ際に、自分の体と離れた場所でとってしまう理由について、
心からアプローチして考えてみます。
過去の動画をまだご覧になられていない方は、ぜひこちらかどうぞ☆
第1話
「一番力が入りずらい高さのボレーをセルフコーチングで解決してみました①~ダウンタイプって体から離れてる打点って力入んないんですよね~」

第2話
「一番力が入りずらい高さのボレーをセルフコーチングで解決してみました②~ダウンタイプって思った以上に窮屈に打って正解!?~」

第3話
「一番力が入りずらい高さのボレーをセルフコーチングで解決してみました③~アッパータイプみたいに、足を踏み出すのと同時にヒットするなんて無理!~」

打点がいつも遠くてイライラ・・・

皆さまにはありませんか?
つい打点が遠くなってしまうこと。
そして、
それを、修正してもなかなか出来ない事。
「なんで何度も遠いとこでとっちゃうの!?」
と自分自身を怒ったことはありませんか?

アッパータイプなら打点が遠くても良いが

アッパータイプならそこまで気にする問題でありません。
前回の動画で解説させて頂いたように、アッパータイプは、打点が遠くなると、より力が入りやすくなりますので。
が、ダウンタイプはその逆。
出来るだけ、懐深くヒッティングする方が力が入ります。
そのため、出来るだけこの問題は解決したい所。
ではなぜ、ついこれをやっちゃうのか?
力が入りずらいはずなのに。
ちなみにぼくが、ついこれをやってしまう原因は、
「余裕」
でした。

余裕がないからこそ、打点が遠くに

「余裕があるからこそ‥」
ではなく、
「余裕がないからこそ‥」
こういうスイングになってしまう事がわかりました。
なぜ心に余裕がないと、
体から離れた場所でヒッティングしようとしてしまうのか?
ぼくなりの解釈をどうぞご覧ください。

いかがでしたか?
これはあくまでぼくの問題なので、皆さまに当てはまらないかもしれません。
なんせ心の問題なので。
が、
そういえば‥
と、当てはまる方も少なくはないでしょうか?
もし皆さまの中で、つい体から離れた場所ボールを捉えてしまう方がいらっしゃるなら、ぜひ一度、自分の胸に手を当てて聞いてみてくださいね。
さてラスト第5話は、
「この余裕を持ちたい癖」
をどう解決していくか、
その具体的な解決法を提案してみました。
ぜひご覧くださいね。
それでは今日はこのへんで。
教えられ下手を引き出す導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

チャンネル登録お願いします!

他の動画ページ
https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪