皆さまがつい捕まってしまうこの悩み

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です。
どのスクールに行っても、皆様の悩みは、ある程度集約されていきますね。
この前のレッスンでは、
考えすぎて、うまく打てない!
と、嘆いている方がいらっしゃいました。
考える事は悪いことではないのですが、考えたその先を考えながら行動したいものですね〜。
皆様にもきっとあることでしょう。
特に、テニスを習い始めてまだ間もない方は。
・せっかく、サーブの体の使い方を教えてもらったのに、それを意識すると、余計サーブが入らなくなった。
・せっかく、スピンをかける打ち方を教えてもらったのに、うまくボールに当たらなくなってしまった
・せっかく陣形の動きを教えてもらったのに、考えすぎて動きが一歩遅れてしまう。

考え過ぎは、皆さまの動作を半歩遅くする

人間は、意識しながら行動すると、脳の伝達速度の関係で、動作が半歩遅れてしまうものです。
なので、考えすぎもあまり良くないといえます。
が、考えないでプレイしてしまうと、前の自分に逆戻りしてしまうことも事実。
一体どうすれば、習ったことを本番でもうまく稼働させることができるのでしょう。
ポイントは、そのプレイがうまくいったその先を考えることです。
例えば…
サーブの体の使い方を習った→その体の使い方は、自分のサーブがどうなるために「アドバイスをもらったものですか?
また、そのサーブが入ると、相手はどんなふうになりますか?」
→もっと伸びるサーブを打つためにその体の使い方を習った。
なので、そのサーブを打つと、相手が詰まった感じで、ボールを打つことになる。
つまり自分は、相手を詰まらせるようなイメージで、ボールを打とう
こんな感じです。
すると、意識が自分側に来なくなるので、スムーズに習ったことを実行出来るようになります。

出来る、出来ないのジャッジはあと

この時、気をつけていただきたいのは、
できるできないのジャッジを行わないこと
です。
よくこの話をすると、
「そんなの・・・できないのに、そんなことを意識しても、できるはずがない」
と言う言葉が返ってきたりするのですが、実はそうでもありません。
人間が、何かをできるようになるためには、できたつもりになることがとても大切です。
そのつもりが、本当に出来るようになる自分を作っていくからです。
そして、「この先の事を考えるという行動」は、まだ出来ていない事を既に出来た事にするための、「つもり行動」になります。
ですから、まだ完璧に出来ていなくても、出来たつもりで先の事をイメージし行動して頂ければ、それが本当に出来るようになるよう、体が勝手に作ってくれるようになります。
この事を踏まえて、もし習った事を本番でも使えるようにしていきたいのならば、その習ったことの先を考えて行動するようにしてみてください。
そうすればきっと、習った事を完全にマスター出来るようになるかもしれませんよ?
「つもり行動」ぜひ始めて見てください☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ