このショットが入れば負けないはずなのに!

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です。
テニスに逆転ホームランの一発なんてない、むしろ、どれだけ派手に点数を取っても、泥臭く踏ん張って点数を取っても、同じ1点です。
このことをしっかり理解しておけば、本当の意味で強い選手になれる、と、よくジュニアにコーチングしたりします。
「この一発が入れば勝てる!」
「この強打が入れば勝てる!」
「このショットが全部入れば、どんなやつにも負けない!」
おっしゃる通りです。
きっと、自分のベストショットが常に入れば、多少の相手は、負けないでしょう。

しかし相手は、皆さまにそれをさせないようにしてきます

しかしそれは、誰もが思っている事であり、相手はそれをさせまいと、あらゆる手を使ってきます。
きっと自分が完全な格上なら、好きなように出来るので、そのショットは、バンバン入り、相手を圧倒することができるでしょう。
しかし、相手が同等、もしくは、格上でえればあるほど、
「そんなショット、打たせない」
と、皆様がベストショットを売ってないショットを選択してくるかと思います。
これが、明らかにベストショットを打ち返せないショットならばまだ良いのですが、上手なプレイヤーは、絶妙に打ち込めそうで、出ないショットを選択してきます。
そのため、自身は無意識にエラーを量産し、いつの間にか負けてしまう、と言う結果になってしまいます。

焦りは禁物

また人間は、焦り出すと、自分の都合の良いように、今の現状を見るようになります。
そのため、どんなショットもチャンスボールに見えてしまい、さらなるエラーを量産します。
ほんと焦りは禁物です。
逆に言えば、こんな事実をしっかり自覚しておけば、相手の術中にはまることなく、冷静に対応ができ、逆に相手を焦らせることができ、本当に自分のベストショットが打てるボールを、相手から引き出していけるようになると、僕は思っています。
実際対峙して嫌な選手は、チャンスを待っている選手ですね。
しつこいというか、隙がないというか…
こう考えると、テニスってつくづく、忍耐のスポーツだなぁなんて思います。
あので、ただ打つだけの練習だけでなく、自分の忍耐を保つトレーニングも、別に必要だなぁなんて思いますね。
一緒に始めますか?
忍耐トレーニング。
まずはダイエットからだな。笑
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ