違う環境にいくと「合わないな~」なんて思う事ありませんか?

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
今日は、最近練習をしていて思う事をお送りします。
違う環境でテニスする際は、まず慎重に。
慣れるという事の大切さが、最近よく身に染みます。
皆さまの中で様々な所で、練習、試合をする方もいらっしゃるでしょう。
そして・・・
・なんだかいつもみたいに打てない・・・
・ボールがよく見えない・・・
・バウンドの仕方が読めず、合わない・・・
このように悩んでしまう方も多いのでは?
その結果、
納得のいかない結果になってしまう方も多いのでは?
ぼくも最近、いつもと違う環境でテニスする機会が多いのですが、
「ん~なんだか合わないな~」
と、調子の出ない事が多いです。
特に、外のナイターは、動体視力の低下が原因なのか、ボールがかすんで見えたり、距離感が合わなかったりして、いつも通り打てない事が多かったりします。

そんな時は、「待つ」

そんな時どうすれば良いのか?
ぼくは基本、慣れるまで、待ちます。
人間には順応という能力が備わっています。
ですから、時間をかけて、ゆっくり、そしてきっちり合わせていけば、その環境に慣れ、いつも通りのプレイを取り戻す事が可能となります。
なので、最初は、無駄なミスを出来るだけしないよう、最初は丁寧に打っていって、自分の感覚を取り戻すのを待ちます。
その際、
「なんで打てないの!?」
という心の声が上がってきたりするので、こいつをうまくコントロールするようにしています。
「打てないからこそ、丁寧にプレイ出来るな」
という感じで、その声を活かす方向に考え、自分の中に納めるようにしています。
こうする事で、より早い順応を期待できるので、この声と共に、焦らぬようプレイするようにしています。
この声に飲まれてしまうと、順応できないまま終わってしまったりするので、この心のやりとりが、意外に重要だったりするかもしれません。

試合シーズンが始まる前に「慣れる」トレーニングをしておきましょう

2月を過ぎれば、試合も多くなってくる時期。
きっと様々な環境でプレイする事も多くなってくる事でしょう。
その時期に向けて、しっかり順応する力を身に付けていきましょうね。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ