感情を抑えてプレーするようにしています

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
錦織選手、やりましたね!
最後の相手の異様な雰囲気の中、勝ち切ったメンタリティ、素晴らしい!
やはり感情を表に出してそのままプレイするのは、うまくいかなくなってしまうのでしょうか。
最近ぼくは、よく、感情でプレイしないようにしています。
感情でラケットを振りにいくと、思った以上に威力が出ないのと、精度が下がってしまう感覚があるからです。
プロの試合を見ていると、しっかり声を出して、ボールに感情を込めているような選手がいたりしますが‥
実は、打つ瞬間は、超脱力の無感情な気がするんですよね。
実際スローとかでその選手のプレイを見ていると、直前はとても脱力しているように見えます。
ぼく自身も、感情をボールに込めようとせず打った方が、よりしっかりとしたボールを打てている感覚があります。

なぜ無感情がうまくいくのか?

なぜ無感情の方がうまくいくのか?
これは持論なのが、感情なしの方が、変な意識が入らず、脳からの指令を直接動作に伝えていける気がするんですよね。
その結果、動作に遅れが生じず、イメージしたものをそのままプレイ出来る気がします。
ここに感情が入ってしまうと、そのイメージに対して何らかのジャッジが瞬時に入ってしまって、動作に微妙な遅れが出てしまったりする気がします。
その結果、思った以上に差し込まれたり、微妙にエラーしてしまう、そんな事を引き起こしてしまう気がします。

感情を出してプレイした方がうまく行く方、いらっしゃいますか?

まぁ正直これは、人にもよるとは思います。
感情を込めた方が、より無心になれる方も、いらっしゃると思いますしね。
ぼくは、あんまりうまくいかなくなっちゃうので、基本は無感情派ですね。
もし感情を使うとしたら、プレイ前の奮起したい時ぐらい。
プレイが始まったら、無感情に戻るようにしています。
みなさまはいかがですかね?
感情出したい派?
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ