ボレーの反応速度が遅い原因

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
最近よくお客様に、ショートラリーでのボレー&ストロークを行なってもらってます。
皆さまの中で、こんな方はいらっしゃいませんか?
ボレーの反応が遅い
足が動いていない
ボディボレーの対応が遅い
これらが出来ない理由は、様々なところがあるとは思いますが、一つの原因として考えられるのが、普段の練習方法ですね。
通常のボレー&ストロークは、サービスラインとベースラインに分かれて行うと思います。
この練習で、問題はないのですが、この距離感ですと、ボールが返ってくるまでに、準備する時間が割と生まれてしまうので、その間に足が止まってしまう可能性があります。

ボレー&ストロークのショートバージョンでレベルアップ!

もし自分のフットワークスピードや、反応速度を上げたい場合は、このボレー&ストロークの距離感を縮めてみましょう。
例えば、ショートラリー対ボレー的な。
そうすれば、返球リズムが上がり、強制的に足を動かさせたり、反応速度を上げる事が出来ます。
さらに言うなら、ボレーヤーは、慣れるにつれて、どんどん前に詰めてボレー練習を行ってみましょう。
そうすれば、さらにタイミングが早くなり、さらに反応速度を上げさせたり、足を高速で動かさせれるようになると思います。
この練習は、反応速度と、足を動かさせれるための練習なので、ラリーが続かないとあまり効果がありません。
ですから、互いにゆっくりペースで行ってください。

年齢問わず効果がありました

ちなみに以前この練習を70代の方にトライしてもらったところ、信じられないぐらいのフットワークを手に入れて頂きました。
なので、うまく練習出来れば、かなり効果はあると思います。
もし危険性がありそうなら、レッドボール等の柔らかいボールで挑戦して頂ければと思います。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

メルマガもやってます!

詳細はこちら!
myscoaching.info/mail-magazine/
ご登録はこちらから!