ポーチにうまく出れますか?

こんにちは!
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
ポーチに出るコツは、ポーチに出て打つコースまでしっかり決めておくことです☆
皆さまは、ポーチに出る事は出来ますか?
・出る気はあるのに、なかなか出られない・・・
・出てはみるが、いつもボールに触り切れない・・・
・触れても、いつもコースが微妙。どこに打てば?
それぞれ悩みはあるかとは思います。

ぼくのポーチは、判断する前に打ちに行きます

ここで、ポーチに出るにあたって、行動を3つに分解して考えてみましょう。
ポーチは、次の3つの行動によって行われます。
①判断する
②動く
③打つ
実はぼくは、この順番を真逆にするイメージで、ポーチに出るようにしています。
①打つ
②動く
③判断
こんな感じ。
「え?考える前に動く?動く前に打つ?どういう事?」
と思いました?では具体的に説明しますね。

打つ前にある程度打つコースを決定しています

まず最初の「打つ」ですが、人間は、打つ事、もっというなら、打つコースが決まれが、それに対するベストな場所に勝手に動く事が出来ます。
なので、まず最初に、ある程度の打つコースを決定しています。
高い打点なら逆クロス、低い打点ならアングル
的な感じで。
すると、動きべき場所がなんとなくつかめるので、まず最初に打つコースを決定しています。
次に、「動く」ですが、先ほど決定した場所を2段階ぐらいに分解して先に動くようにしています。
先に動いてしまう事で、ポーチに出やすい状況を作り出し、「判断」しやすい状況を作ります。
すると、実際ボールに触りたいという気持が高まり、「出たい」という気持ちも強くなり、結果実際出れるようにしています。
ここで、動く場所の分解ですが、基本は、「前」と「横」です、
ポーチに出る時、大抵の方が斜め前に一遍に動こうとされる方が多いのですが、この動きは、ポーチに出る意欲を減らしてしまいます。
なぜか?
それは。物理的にボールとの距離が遠い所から、スタートしてしまうからです。
遠い所のボールって触りたくなくなりますよね?
なのでぼくは、まず「前」にだけ出るようにして、そこから出るか出ないか、瞬時の気持ちに従って判断ています。

判断しないような仕組みを作っておくことがポーチのコツ

ここまでしっかり仕上げておけば、「判断」するというのは、勝手に出来るようになるので、結果判断に困らない自分を作る事が出来ます。
ぜひポーチに出来れない方は、この順序を踏んでみてください。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

簡単なプロフィール

大阪の高槻にて、テニスのコーチング活動、および、メンタルセミナーを取り行っております。
また、毎日配信のメルマガ、動画によるレッスン解説等もとり行っておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
メルマガ
actk-tennis.com/mail-magazine/

動画ページ
https://youtu.be/DFQFHtQe4Wc</a