ボールコントロールには、構えが重要

こんにちは!教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
皆さまは、ボールコントロールに必要な事、それはなんだと思いますか?
打ち方?
フットワーク?
ボールとの距離?
それぞれ色々なポイントがあると思いますが、今日ぼくがお話させて頂くのは、
構え
です!
皆さまは、構え、に対してどれだけ重要にしていますか?
ぼくはかなりです!
特に最近は、きちっと構えるためだけにトレーニングをしているぐらい、こだわってます。

構えた時点で打つコースは決定される

なんでそんなに構えが大事なのか?
構えこそが打ちたい方向を示す道しるべだからです。
戦車を思い浮かべてみてください。
当たり前ですが戦車は、砲弾を打つ方向にまず向き、そこから発射しますよね?
向いていない方向に発射するなんて、まず有り得ない。
テニスもまったく同じです。
構えの時点で、実はある程度打つ方向が決まっていて、その構えと違うコースにコントロールする事は、とても難しいのです。
逆に言うと、構えが自分の打ちたい方向にきちっと整えば、ボールは希望通りの所に飛んでいくはずなのです。

ボールコントロールのために、上手な構えを

そう考えると、ボールコントロールレベルを上げるためには、フォーム改善等を行う前に、いかに構えれるようになるための、フットワーク力、ボールへの入り方、足運び、この辺が重要になってくるという事がわかります。
なので、
「イマイチコントロール力がないなぁ」とお悩みの方は、構えるため出来ることが何かを勉強してみてください。
きっとレベルアップすると思いますよ!
ぼくも減量して、ほんとそこばっかりこだわってます。
そのおかげか、コントロール力だけでなく、ショットの質も上がっている気がします。
ぜひ皆さまも、この「構え」にこだわって、コントロール力だけでなく、ショットの質も向上させてみてくださいね!
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

簡単なプロフィール

大阪の高槻にて、テニスのコーチング活動、および、メンタルセミナーを取り行っております。
また、毎日配信のメルマガ、動画によるレッスン解説等もとり行っておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
メルマガ
actk-tennis.com/mail-magazine/

動画ページ
https://youtu.be/DFQFHtQe4Wc</a