次の一手が予測できない・・・

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です。
僕はよくお客様に、うまく出来なかった時のコーチングを行うようにしています。
皆様の中で、こんなことありませんか?
・打ち終わった後に、動きがつい止まってしまう
・自分のボールがうまくいったか、つい目で追いかけすぎてしまう
・次の一手を予測して、プレイするのが、あまり、得意でない
もしこんな風になってしまう方は‥
出来た時の事ばかり考え過ぎているかもしれません。
出来た時の事ばかりイメージしてしまうと、出来なかった時に、
「やば!」
と、動揺してしまって、動きが止まってしまったり、思考がストップして、次の一手が閃きにくくなるかもしれません。

出来た時の事ばかり考えていませんか?

テニスは、出来なくてなんぼの世界。
出来ない時にどうするかを考えるようにしてみましょう。
テニスは、互いに相手をいつも通りのプレイさせないように試行錯誤するスポーツです。
そのため、出来る機会よりも、出来ない機会の方が必然的に多くなります。
ですから、普段から練習しておくべきなのは、出来なかった時に何が出来るか、この練習になります。
つい、出来るようなることばかり、追い求めてはいませんか?

出来なかった時のイメージもしっかり作ってプレイしましょう

それも悪くはないですが、せっかくなんで、出来なかった時の対処のプレイも磨いて、どんなプレイも生かせる選手になっていきましょうね。
出来なかった事も貴重な体験。
それを活かし、さらに成長出来る方法を考えてみましょう。
もしかすると、「このプレーもありかも?」と、新たな新境地が見えてくるかもしれませんよ?
出来ないを新たな出来るに変えられる力、身に付けていきましょうね。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ