こんばんは!
山田です!

 

 

 

ぼくの周りには、テニスが好きな人がとても多く、
そんな中に包まれている時は、とても幸せを感じます。

 

 

・もっとこうした方がうまくなれるんよね~!
・あの人こんなボール打ってきて、攻略が難しい!
・この前試合で知り合った人と、練習する事になって~

 

 

そんな話を聞くと、ほんと幸せな気分になります。

 

 

皆さまには、
そういう仲間はいますか?
もしいるなら、ぜひ大切にして頂きたい。
その仲間を大切にする事が実は・・・

テニスの強さ

に繋がります。

 

 

もしそんな仲間をうまく保てない方がいるとするならば・・・

 

 

言葉の意味のすり合わせをする事を、心がけて見てください。

 

 

人間には、それぞれ自分のフィルターが存在し、
言葉のやりとりを交わす際は、
その2つのフィルターを通して、
会話が繰り広げられます。

 

例えば、
「もっと試合は打つべきよね~」
という話題が出た時、
皆さまはどう思いますか?

 

 

強く打つ!
と、考える方もいれば、
数をもっと打つ!
という方もいるでしょう。

 

 

この二つでは、大きくイメージが変わりそうではないでしょうか?

強く打つ!→オフェンス

数を打つ!→ディフェンス

こんな感じで。

 

 

なので、この価値観を確認した上で、
互いに意見し合う事が、
良好な関係を保つ鍵だと思っています。

 

 

「え~そんなんめんどくさい!」

と、思う方は、下手に意見しない方がいいかもしれませんね。

 

 

互いに言い合い高め合う

 

 

という考え方もありますが、

まず関係が温まっていないと喧嘩になってしまう恐れがありそうですので、

気をつけて使ってください。

つい感情的になって言いたい事が上がってきた場合は、
特に。
大抵、いい方向に進む事が少ないので。

 

本人が求めた時だけ意見する

これがいいかもしれませんね。

 

 

その方にも
言葉を聞き入れるタイミングというものがありますので、
そこを見極めて、コミュニケーションを取って頂ければと思います。

 

 

 

「ここまでして、関係を大切にしなければないの!?」
と思う方もいるかもしれません。
確かにその通りです。
人それぞれ、テニスに対する想いの差がありますから。

 

 

しかしぼくは、
そこが上手に出来る方ほど、テニスも上手な方が多い
そう感じます。

 

 

いやほんと、テニス好きに悪い人はいない。

そう思います。

ぼくだけ?笑

 

 

 

そう考えると、
テニスの練習は、
コートで実際練習する事の他に、
そういうコート外での練習も、とても大切かもしれません。

 

 

それでは今日はこの辺で。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪の高槻にて、フリーでコーチング活動を行っております!

プライベートレッスン、グループレッスン、テーマレッスン等行っておりますので、

ご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。

無料のメルマガ配信も行っておりますので、

ぜひこちらも、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

ackt.yam@gmail.com

 

メルマガ

http://actk-tennis.com/mail-magazine/

 

・4月イベント

4月は、宝の持ち腐れを、本物の宝にします!

http://actk-tennis.com/2017/03/21/tennis-event-13/

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~