スイングってタイプ分けされます

こんばんは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
寒い日が続きます!
この前外でレッスンを行いましたが、寒すぎたので、本気で座学レッスンを行いたいと思いました!笑
というか、この前のレッスンはそれに近い感じで行いましたね~。
細かい説明は、クラブハウスで、外に出たら、ひたすら打つ!
的な。
割と耐えれた!気がしましたが、お受け頂いた方は、きつかったかな?
さて今日のテーマは、
「ダウンタイプのフォアハンド」
についてです。
皆さまは、もうご存知ですか?
体の使い方は、タイプ分けされる
という話。
ぼくの動画やブログではだいぶご紹介させて頂いているので、ご理解して頂いている方も多いのではないでしょうか?
「何それ?」
という方は、このメールを読む前に、この辺の記事、この辺の動画をご覧ください。
ブログ記事
http://tennis.myscoaching.info/category/type/page/4/
動画
https://youtu.be/-mSuPKCUdow

ダウンタイプのぼくがフォアハンドのスピンを改良した方法

さて本題ですが、最近、自分のフォアハンドの打ち方が、また改良されました!
どう改良されたかというと、
楽に厚い当たりのスピンが打てるようになった
という点です。
なぜ打てるようになったのか?
それは、
ボールをガットに引っ掛けるイメージから、
ボールを押し出すイメージで、ボールを押し動かすイメージに変えたからです。
すっごい言葉では説明しにくいのですが、頑張って説明します。
ぼくはダウンタイプなのですが、手首を使うタイプではなく、肘を使う傾向が強いタイプになります。
そのため、手首でボールをひっぱたくイメージより、肘でボールを押していくイメージで打つと、力が入るタイプになります。
この原理を利用して、スピンを打ってみる事にしました。
前までは、リストは使わないものの、肘で円を描くようにスピンをかけていた(ワイパーな感じ)のですが、
これを、肘で押しだしていくようなイメージで、ボールを潰しながら、スピンをかけるようにしてみました。
肘を曲げていて、インパクトと同時に、肘を伸ばしていく
ラケットスイングは、右から左、といった左右の動きのイメージではなく、後ろから前といった前後のイメージ
そんな感じです。
すると、以前よりかなり楽に、強いスピンをかけれるようになりました。
もともとバックハンドは、そのように打っていたのですが、思い切ってフォアハンドもやってみようという事で、試したところ、これがはまりましたね~。
改めて、タイプ分けも使えるな~と実感しました。
「自分はダウンタイプかも」
という方は実践してみてください。

あくまでスイングは、球出しの時のみ意識を

ただし、それを生きたボールのラリーの時まで持ち出すと、体の意識になるため、あまりうまく機能しませんので、球出しの時にそれを試して、ラリーの時は、そのうまくいった五感感覚だけ追いかけるようにしてくださいね。
自分のスイングには、まだまだ改善点はたくさんあるな~。
だからこそテニスは面白い!
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ