つい違う事をしたくなりますが・・・

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
同じ事をやり続けるという精神、テニスには、そんな瞬間がよく訪れる気がします。
みなさまは、試合中、プレイに足止めを食らった時どうしていますか?
何しても効果ない
ガンガン打たれる
相手のショットに対応出来ない
ぼくが昔、この状況になった時は、よく違う事をしてなんとかしようと考えていました。
思い切って…
ストレートアタック!
ポーチ!
サービスエース!
しかし、そんな時に限ってよくミスしてましたね〜

敢えて同じ事をしてみる

なので最近は、逆に同じ事をしてみるようにしてます。
無理に攻め方を変えるのではなく、あくまで同じようなスタンスで、それをより確率の良いショットに切り替えて、返球数を増やす
そんな風にしています。
すると、どこかで噛み合うようになり、本来の自分を取り戻せるようになったりします。
なぜさらにやり続けると、出来るようになるのか?
多分ですが、体でそのボールの返球方法を覚えていくからだと思うんです。
最初うまくいかない時というのは、
シンプルに相手のボールに慣れていない
というのが、大きな原因だと思います。
逆に言えば、
慣れてしまえば、対応できる
とも言えます。

感覚に慣れないうちは同じ事を

なので、感覚的に相手のボールに慣れないうちは、
・無理せず、とにかく相手のコートにボールを返す
・返球方法はこだわらず、一番返せるものを利用する
・下手にリスクのあるショットを試さない
泥臭くとも、このような事を何度も行えば、いつしか自分のプレーが出来るようになる
のではないか
そのように考えています。
皆さまはいかがですか?
もしつい色々やってしまってパニックになってしまいがちな方は、ぜひ敢えて、同じ事を繰り返す事にトライしてみてくださいね。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

レッスンプランがリニューアルしました!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ