スマッシュの致命的なミスってへこみます

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
スマッシュってだた打てるだけではだめですよね~。
サーブの他に唯一上から打てるプレーなので、しっかりと決めきれるか、相手を崩していきたい所。
しかし・・・なかなか強打出来ないですよね~。
・強く打とうとするとタイミングを合わせるのが難しい
・つい吹っ飛ばしてしまう
・逆にネットに突き刺さる
しかしもそれが重要なポイントだったなら、もう立ち直れないぐらい後悔しちゃいますよね。

「強く打つ」のではなく「重く打つ」

なんであれって強く打つとなかなか入らなくなってしまうのでしょう?
理由はストロークと同じです。
どれだけ強く打ったとしても、飛んでくるボールと自分の打つボールのタイミングが合っていなければ、うまくボールに力が伝わらないため、コントロールが安定しなくなります。
特にスマッシュは、ほとんどの場合が、ロブといったゆっくりボールを打ちに行く分けですから、強く早く打とうとすると、タイミングが合いません。
なので、ゆっくり振りに行く事が大切です。
ちょっと待って!ゆっくり振ったらボールはゆっくりになってしまうんではないの?
と思われた方、正解です。
確かに、ゆっくり振ると、ボールはゆっくりにしか飛んでいきません。
そこで、前にもお伝えした事がある、
「重さを乗せる」
といったスイングを行いましょう。
これをすれば、ゆっくりスイングでラケットを入れにいっても、インパクト直前でスイングスピードが上がる感じになるので、ゆっくり振りに言っても、しっかりとしたスマッシュが打てるようになります。

ほんとタイミングと体の使い方だけ

実際ぼくが練習試合等で打っているスマッシュは、ほんと力が入ってません。
タイミングと体の使い方だけ。
ラケットの握りは、ラケットがどっかに飛んでいかない程度にしか握ってないと思います。
(試合では、まだまだ力は入ってしまいますが)
ぜひ皆さまも、ゆったりから、重さを乗せるイメージでスマッシュを打ってみてくださいね。
まぁそのためにも、ボールの落下点に早く着くというのは、とても大切です。
落下点に早くつけるからこそ、重さをしっかりと乗せられるというのもありますからね~。
しっかり足を動かして、何よりも先に落下点に付ける事を心掛けましょうね。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ