セオリー通りやってもうまくいかない時、ありませんか?

こんにちは!
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
ゲームの動きを覚えたら、それを微妙に変化させていく応用力って大切だと思いますね~。
この前のレッスンで、皆さまの様子を見て思いました。
皆さまは、セオリー通りにプレー出来ていますか?
セオリー通りにやろうと思っても・・・
・うまく動けない
・ついていけない
・そもそも考えながら行動出来ない
そう感じる事はありませんか?

この前のレッスンで違和感が・・・

昨日の皆さまの動きを見ていると、ふとこんな違和感を感じました。
「あれ?きちっと動いているはずなのに、なんか1テンポずれている・・・」
「うまく決めきれていない・・・」
そして、良ーく観察しているとある事に気が付きました。
相方の打つボールリズムと、前衛で動く人の動きがあっていないのか!
例えば、皆さまが雁行人の前衛をしている時、どんな動きをしますか?
基本は、
・相手がボールを打つ時は前に詰めて、相方がボールを打つ時は後ろに下がる
そう習った方も多いのではないでしょうか?

セオリーが全てではない

これに間違いはないと思います。
しかし、それがすべてとも言えません。
例えば、相方、相手の打つボールのペースが早ければ、その前後移動は間に合わなくなり、1テンポ遅れてしまう結果になってしまいます。
つまり、相方の打つテンポに合わせて、自分の動くリズム、量、タイミングを変える必要が出てくるわけです。
また、相方にストローク力があり、相手を凌駕出来るのであれば、相手のポーチにかかることもないので、正直後ろに下がる必要性もありません。
そう考えると、習う様々なセオリーというのは、ペア、そして、相手の強さによって変わると言えます。

時にはセオリーを破る事も大事

なので、基本セオリーを忠実に再現しようとし過ぎると、逆にそれが合わない動きになる可能性もあります。
なので、ある時は、セオリーを破る事も大切だと思います。
もし皆さまが、うまくセオリーを再現出来ないと悩んでいるなら、一度破って見てはいかがでしょう?
もしくは少し変化させてみてはいかがでしょう?
そして相手に、そして合う動きをしてみてはいかがですか?
もしかすると、その方がかみ合い、素敵なプレーが出来るかもしれませんよ?
テニスは対人スポーツ。
しっかり人を見て、自分なりの動きを作って行けば、びしっとあってくると思いますよ?
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ