足元をただ沈める練習ではなく、その先を考える

こんにちは!
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
足元に沈める練習は、付き合ってもらう相手にもルールを作って、ゲーム感覚で、練習してみましょう。
ボレーヤー対しては、ボールを足元に沈める事が基本であり大切です。
そして、それを習得するために、ボレー対ストロークの反復練習も大切と言えます。
しかし、ボレー対ストロークをただなんとなくやっていても、なかなか足元に沈める技術は、効率よく身に付ける事は出来ません。
なぜか?
それは、相手の目的によって変わるからです。

ただ足元を沈めるだけの練習は、あまり効率が良くない

もし相手が、
・前に詰めて、攻めよう
・ポジションを下げて、ディフェンシブにボレーしよう
・ハーフボレーになっても気にせず、ボレーしよう
このように、足元に沈んでも気にしない気持ちで練習していると、頑張って足元ボールを処理してくれないので、本当に効果のある足元ボールを習得する事が出来ません。
なので、沈める側だけでなく、沈められる側にもルールを作るようにしましょう。
例えば、
「ストローカーは、ボレーヤーにワンバンドでボールを処理させたら勝ち」
というルールをつけて練習を行ってみましょう。
そうすれば、ボレー側も必死に足元のボールを処理してくれるようになり、より内容の濃い練習をすることが出来ます。

ラリーする両者にルールを

また、ボレーヤー側にも、「ストローカーにノーバウンドで処理させたら勝ち」というルールを付け加えると、
深く打って・・・足元に打って前にこさせて・・・また深く打って・・・
と、より組み立てを考えた練習になり、なかなか面白い練習になります。
ぜひ互いに、ルールを決めて、練習に取り組むようにしてみてください。
まぁそのためには、こんな練習に付き合ってくれるパートナーがいる事が大切なんですけどね~。
練習する際は、同じ目的を持った練習相手を見つけたいものですね。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ