サーブってなかなか安定しない・・・

こんにちは!
教えられ下手が成長できる、自発型テニスコーチングコーチ、山田です。
最近、サーブのキープ率が、ぼちぼち上がっている気がします。
多分、自分がファーストボレーをしやすいように、相手のリターンをコントロールすることを意識して、サーブを打っているからだと思います。
サーブって、なかなか安定しないショットの1つだったりしますよね。
思った以上にサイドに切れたり、
微妙にオーバーしたり、
回転が安定しなかったり…

不安定になる理由は?

なぜ不安定になってしまうのでしょうか?
よくある原因は、
自分の打ち方ばかりに気をとられている
ということが挙げられます。
人間の行動というのは、
脳からの指令を受けて行動するパターンと、
脳から指令を受けず、無意識的な反応で行動するというパターンとに分かれます。
ちなみに、脳からの指令を受けて行動するパターンは、指令を受ける分の時間を必要とします。
そのため、考えてから行動するまでの時間を用意してあげる事が重要となります。
ここで、サーブについて考えてみましょう。
サーブは、テニスの中で、唯一自分のペースで打てるショットです。
つまり、しっかり考える時間を持つ事が出来ます。

不安定な落とし穴

しかし、ここが落とし穴。
実際、打つ瞬間には、時間はありますか?
答えはNOです。
インパクトの瞬間というのは、非常にわずかな時間しかないため、考えて行動していては、遅いと考えられます。
そのため、脳から指令受けてから行動する方のリズムでは、タイムロスを生み出すと言えるでしょう。
つまり、あまりいろいろ考えすぎてサーブに入ってしまうと、脳からの指令でボールをヒッティングする形になってしまうので、サーブが微妙にずれやすくなります。

何を考えて打てば安定する?

では、何を考えて打てばよいのか?
それは、
相手のリターンをどう返球させたいか
です。
こうすることで、自分の打ち方の方に意識がいかなくなり、自分の行動の方は、無意識の行動の方にシフトする事が可能となります。
ただし、
相手にこのリターンをされる→そのためには、このショットをこの打ち方でいこう
まで考えないようにしてください。
打ち方まで限定してしまうと、たちまち脳からの指令待ちになってしまい、またまた微妙なずれを生じさせてしまうので、
相手にどうリターンさせたいか、
そのためには、どんなショットが良いか
この辺ぐらいで、止めておきましょう。

実際うまくいってます

実際今のぼくは、ファーストボレーを打つためのサーブだけに意識が集中しているので、体の意識から離れ、この辺がうまく連動しているような気がする。
なので、サーブが安定し、キープ率が上がっている気がします。
試して見る方は、また感想を聞かせてくださいね☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長できる、自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ