伸びるスライス・・・打ってみたい!

こんにちは!
教えられ下手が成長できる、自発型テニスコーチングコーチ、山田です。
あたりの厚い、伸びるスライスショットを習得したければ、「切る」というイメージより、「打撃」というイメージで、行ってみましょう。
伸びるスライスを打つのって、結構難しかったりしますよね。
あたりが、薄くなってカシュンカシュンになる
その結果、ボールに重さが乗らず、いまいち伸びない
最悪の場合、失速するだけでなく、ボールが上に上がってしまい、バンドが高くなり、しばかれる
もっと、
ぐいっと伸びて
ラウンドも低い
キレのあるスライス、打ってみたいもの。
どうすれば打つことが、できるのでしょう。

なぜ伸びるスライスを打てない?

まず、なぜあたりの薄いスライスになるのか原因を考えてみます。
シンプルに言える事は、回転をかけることにこだわりすぎているのかもしれません。
伸びるスライスと言うものは、実は、フラットのあたりに近いものがあります。
ですから、切ると言うよりは、当てると言う感覚の方が、伸びるスライスを打つのに効果的だといえます。
なので当てると言う感覚をつかむために、水平チョップを練習していましょう。
水平チョップとは、プロレスラーの方が、相手の胸にチョップ送り出すといった技なのですが、実は、あの胸に衝撃を与える感覚が、あたりの厚いスライスに似ています。
つまり、あたりの厚いスライスは、
「切る」というより、「打撃」というイメージが、正解になります。
水平チョップの感覚を、そのままスライスに当てはめていただければ、あたりの厚いスライスを打つことが、可能になるかと思います。

伸びるスライスは、翻弄ではなく打撃

ぜひ、「切る」というイメージから、「打撃」というイメージを養ってみてくださいね☆
スライスは翻弄技のイメージだけでなく、打撃技のイメージを持って、伸びるスライスを習得してみてくださいね!
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長できる、自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ