スピン系のボールってボレーするのが難しい?

こんにちは!
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
フォアハンドやバックハンド等の内容をブログにアップしたら、アクセス数が飛躍的に上がりました!
それほど、皆さまは、具体的スキルに悩んでいる?
という事で今日も、具体的スキルに注目して、書いていこうと思います。
今回のテーマは、
スピン系のボールに対してのボレー対応です。
スピン系のボールに対して自分がボレーで対応する際、ぼくは、相手の回転量もマネするイメージで、けっこうスイングボレーしたりします。

ぼくも昔悩まされました

スピン系のボールって、ボレーで合わせにくかったりしますよね。
・上下の動きが激しくて、綺麗にボレーが当たらない
・思った以上に落ちてくるので、予測しにくい
・合わせに行くと、はじかれて、ボレーが浮いてしまう
などなど。
ぼくもこのボールへのボレー対応はかなり悩まされました。
特に男子の世界は、スピン系で打ってくる方が多いので、なかなか合わず苦労しましたね~。
もちろん女性も、軟式上がりの方だったり、ジュニア上がりの方なら、スピン系のボールを打ってくる方は多いので、苦労するんじゃないかな~
なんて思います。
もしこういうボールの対応がイマイチうまくいかないなら、回転をかけ返すつもりで、スイングしてみましょう。

ボレー返球のコツはモノマネ

ボレーって基本は振るなと、指導される事が多いですよね。
実際、振り過ぎは、振り遅れの原因にもなります。
しかし、
上下に変化するボールを、点でとらえようとするのって、なかなか難しんですよね。
上下に移動するボールを点でキャッチするようなイメージになるので、けっこう捉えられなかったりします。
ですからぼくは、この上下動に合わせて、自分のラケットも、スイングするように、結構振ってボレー返球したりします。
プラス、回転量もマネするつもりで、ボレー返球します。
つまり
モノマネする
という事ですね。
こうする事で、ボールの動きに合わせて、自由にラケットを動かせるので、意外にインパクトしやすくなります。
実際プロの動画を見ていると、強烈なスピンに対しては、スライス系で、けっこうスイングボレーされている選手が多かったりします。
こちらの方が、合わせやすいのかもしれませんね。

丁寧に合わせるより、思い切ってスイングボレーしてみては?

という事で、もしスピンボールに対してのボレー返球にお悩みの方は、丁寧に合わせにいくより、思い切ってモノマネするがごとく、スイングボレーしてみてはいかがでしょう?
意外にヒット出来るようになるかもしれませんよ?
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ