強烈なフォアハンドが打てない

こんにちは!
教えられ下手が成長できる、自発型テニスコーチングコーチ山田です。
フォアハンドで強烈なショットを打ちたい!
もしそんなふうに思っていらっしゃるなら、ゆっくりスイングすることから始めましょう。
フォアハンドって、意外にパワーが出なかったり、安定しなかったりしますよね。
打ち込もうとするとミスをしてしまう
思いっきり振っているのに、全然当たりが厚くならない
体の色んな部位を使う意識はしているけど、うまく連動していない

なぜ強烈なフォアハンドを安定して打てないのか?

なぜ、しっかりパワーを出せて、安定したショットが打てないのでしょう?
それは、ボールとラケットのインパクトのタイミングが一致していない可能性があります。
すべてのスイングは、手拍子と一緒です。
例えば、皆様は手拍子で大きな音を鳴らしたい時、どちらか一方の手を強くそして、速く、動かしますか?
たぶんそんなことはしないはず。
きっと、右手と左手の強さ、速さ、一緒にして、大きな音を鳴らすかと思います。
これは、ボールを打つ時も一緒。
まずは、ボールの飛んでくるスピード、強さ、しっかり自分のスイングに合わせる事が大切だと言えます。
つまり、右手が、皆様のラケット、左手が、ボールのようなものなので、右手に値するラケットの動きだけ早く、強く振っても、タイミングが合わず、うまく強く打てません。
特にゆっくりのボールは、左手の手がゆっくり右手に向かってきているようなものなので、うまく手拍子をするかのように、右手をゆっくり動かすつまり、スイングをゆっくり振って、ボールに合わせることが重要だといえます。

大事なのはインパクト時

ここで、「どうやったらそれを強く打つの?ゆっくり飛んできてるボールに、ゆっくりラケット振っても、強いボールが打てないのでは?」
と言う問題が出てくるかと思います。
そこで、皆様が、大きな音を鳴らしたい時を振り返ってみてください。
例えば、ゆっくりな動きから大きな音を鳴らすとき、どんな風に手拍子を行いますか?
きっと、当たる瞬間だけに、力を凝縮するはず。
これはテニスも一緒です。
ゆっくり飛んでくるボールは、まずゆっくりなスイングでタイミングを合わし、インパクト時だけにパワーを集中させるようにスイングを行います。
すると、タイミングがばっちり合った状態でパワーを伝えられるので、効率よくパワーショットを打つ事が可能となります。

あらゆるスイングも一緒

あらゆる体の使い方も同じ。
飛んでくるボールのスピードに合わせて、体の使い方のスピードを合わせると、インパクト時にパワーを合わせられるので、まずゆったり打つ事を心がけてください。
スイングは手拍子。
これをしっかり覚えておいてくださいね!
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長できる、自発型テニスコーチングコーチ山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ