バックハイがしっかり打てない原因 それは、過去の習い方?

こんにちは!教えられ下手が成長できる自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
よく、「バックのハイボレーが、うまく打てません」
と、お客様から、お悩み相談されることが多いのですが、なぜ、うまくできない人が多いのでしょう?
最近気づいた1つの原因が、
「ボレーは振ってはいけない」
と言う、1番最初の教えから来るものだという事が、わかりました。
皆様、ボレーならった当初は、どのように習いました?

テイクバックを小さく!という教えは、バックハイでうまくいきましたか?

ストロークする時よりも、ボールが早く返ってくるので、
・テイクバックはあまり大きくしない
・手首を固定する
・ラケットを振らない
と、習った方が多いのでは?
実際僕もこのように習いました。
ラケットは振らず、フォロースルーも小さく、体でぶつかっていくイメージで
と。実際これで、うまくいきましたか?
多分、うまくいくときと、そうでない時があったと思います。
なぜそんなことが起きるのでしょう?

ボレーを相手のボールと自分の力の足し算で考える

原因は、相手が打ってくるボールが様々だから
です。
返球と言うのは、相手のボールと自分のボールの足し算です。
つまり、相手のボールが弱ければ、こちらの加える力を強くしないといけません。
という事は、相手の打ってくる遅いボールをしっかり返球したい時は、自らボールに力を加えないといけません。
ここで、利き腕と逆のバックボレーは、力が加えにくいショットになります。
故に、大きくラケットを振らないと、なかなか力は入りません。
そう考えると、むしろ、振らないといけない時があるという事がわかります。
ところが大抵の方は、最初にならった「振らないと」を実直に実行されると思うので、結果バックボレーはボールが飛ばず、苦手意識が生まれるのでしょう。

バックボレーは振っていい!?

バックボレーは振って良いですよ。
正確には、
相手の打ってくるボールに合わせて、自由にスイングを変えて良いですよ。
実際プロの動画を見て頂くとわかるのですが、思った以上に振ってる時が結構あります。
なので、遠慮なく振っちゃってみてください。
このようにテニスには、習った事がそのまま出来る時とそうでない時があります。
特にバックボレーは、そういったイレギュラーは、結構多かったりします。
なので、バックボレーなどの、苦手意識のあるプレーは、一度ハメを外して自由にスイングしてみてください。
以外にうまく行くかも?
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ