意識はしているけど、どうしても出来ない

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
習っても習っても、なかなか出来ないその動作、そこには、隠された心理的原因があるかもしれません。
そこを知り、そこの改善を行えば、出来なかった動作を克服できるかもしれませんよ?
この前、同じスタッフの子が、
「テイクバックを大きくしたいんですけど、どうしても出来ないんですよね~」
と、言っていました。
意識的には行っているけど、どうしてもコンパクトなスイングになってしまうとのこと。
実際その子は、タイプ的には、テイクバックが大きくても全然OKの子で、むしろ、大きい方がやりやすくなる子だったのですが、それなのにどうしても小さくなってしまうとのことでした。

出来ないのは、心の問題?

そこで、物理的観点ではなく、精神的観点から、注目してみる事にしました。
要は、
テイクバックを大きくするにあたって、どんな違和感があるのか
どんな気持ちになってしまうのか
そこを探るという事です。
少し球出し練習で様子を見て見た所、どうやら、高い打点に対しては、テイクバックを大きくして振る事が出来るようした。
しかし問題は、低く伸びてくるボール。
これが、どうしても小さくなってしまうようでした。
別にそこだけ小さくするように振れば良いのですが、その苦手意識が強すぎて、その結果、全てのスイングが小さくなってしまう、そんな感じでした。
そこで、思い切って、低い打点でもテイクバックを大きく振って打ってもらうようにしてもらいました。
最初は、振り遅れて、あっちこっち飛ばしていました。
が、何回か打ってもらうと、だんだんと良くなり、最後には、しっかり持ち上げられるようになり、テイクバック大きく打てるようになりました、

新たな挑戦に否定しないようにしてみた

ここでポイントだったかな~と思ったのは、
ミスしている自分を否定させなかった事です。
最初、振り遅れるたびに、
「だめだ~!」
と、その自分を否定しまくっていたので、ぼくは、それに対して、
「それはそれで良いよ~」
と、それなりの良さを伝えて、肯定し続けてみました。
すると、テイクバックを大きく振る自分に対してのネガティブが外れ、低い打点でもテイクバック大きく振れるようになり、他のショットもテイクバック大きく打てるようになってました。
良かった良かった。
皆さまはいかがですか?
どうしても出来ないその動作、そこには、隠された心理的苦手が存在していませんか?
ぜひそれを探し当てて、苦手を克服していってくださいね☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ