相手の立場から自分を見て見ると、自分って・・・

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です!
この前もしっかりシングル練習を行ってきました!
今回の練習のテーマは、客観視!
相手の立場から見て自分はどんな感じなのか、観客の立場から見て自分はどんな感じなのか、頭の中でイメージして、プレイしてきました!
やってみて思ったのですが…
試合中ってけっこう自分の事で頭いっぱいになっちゃってるものですねほんと。
もっとこう打たなきゃ!
なんでそれミスるの!?
これが出来ないと負ける…
今回徹底して客観視を行った結果、普段の自分は、思った以上にこうなってるんだなぁって実感しました。

主観的になり過ぎると選択肢を狭めてしまう

これが出る事は悪くない事ですし、それも自分なので、止める事は難しいのですが、それが出てきた時に、そのまま放置するのは良くないですね。
選択肢が狭まるし、暴走しやすいです。
客観視してみるわかるのですが、思った以上に選択肢っていっぱいなものです。
自分の意見だけですと、「これしかない!」ってむっちゃ思っちゃうんですが、相手の立場から見たり、観客の立場から見たりすると、けっこうたくさんやり方があるんですよね〜。
なので、今回の練習は、非常に落ち着いて、臨機応変にプレイする事が出来ました。
ほんと新発見!
ぜひ皆さまもやってみてください。

客観視の際は、より詳細に自分の事を想像する

コツをお伝えしときます。
相手の立場のイメージは、自分の着ている服、疲れの具合、歩き方、その様々を想像し、分身と戦っているようにイメージし、想像している自分自身は、相手本人になったつもりで、イメージします。
なので、よりイメージしやすいよう、普段から自分の姿を、対戦相手の立場から、動画等で見ておくと良いでしょう。
観客の立場に立つ時は、テレビでそれを見ているような感じ。
自分は試合に参加していない気持ちで見ると良いと思います。
これは、むちゃむちゃ頭使うので、甘いものを用意して、それを食べながらやってみると良いと思いますよ。
ほんと、メンタルコントロールしやすくなると思うので、ぜひトライしてみてくださいね!
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

レッスンプランがリニューアルしました!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ