久々にパニック!

こんにちは!
教えられ下手を引き出す、導き型テニスコーチングコーチ、山田です。
この前、久々にパニックになってしまい、自分を見失ってしまいましたね。
いい勉強になった。
この前、久々に外で練習をしたのですが、途中から、調子を落としてしまい、やること成すこと、全てうまくいかなくなりました。
最初は、アグレッシブにプレイをしていたのですが、途中でそれが崩れてしまい、やむを得ず、ディフェンシブなプレイに切り替えたのですが、それもはまらず、かなりパニックになってしまいました。
一体何が悪かったのか?

なぜパニックに?

練習終了後、帰りの車で、甘いものを食べながら、振り返ってみました。
すると、ある点に気が付きました。
「自分のことばかりになっていたなぁ」
これです。
プレイ中、ずーっと、
「自分の、何が悪い?どうすれば戻せる?」
この言葉が、頭の中にリピートされていましたね。
今考えてみると、全てが、そんなにめっちゃ悪かったわけではなかった気がします。
悪かったのは、締めのプレイのミスだけ。
それ以外は、そこまで悪くなかった気がしました。
むしろ、
もっというなら、相手も調子が良く、締めのプレイに差し掛かる前に、相手にうまくかわされていた感じだった気もします。
つまり、自分のプレーが悪かったのではなく、相手の方のかわし方がよかった
そうも言えました。
なので、着目すべきは、自分のパフォーマンスではなく、相手のパフォーマンスでしたね。
しかし、この事実に気づけないぐらい、自分のことで頭がいっぱいになっていましたね。
いやー反省。

原因はアウトコート?

それにしても、なぜそんなに自分のことばかりに気がいってしまったのか?
多分ですが、最初のアップで、自分の事ばかり考えたアップをしてしまった事だと思います。
久々のアウトコートで、最初、あまりきちっとラケットにボールが当たっていなかったんですよね~。
なんで、アップの時点で、
「どうやったら当たるかな~」
なんて、考えながらアップしていました。
たぶんこれが原因で、試合に入っても、普段よりも余計に、自分の事を考えてしまう自分が出来上がってしまった気がします。

パニックは良い勉強になる

なんで、これからは、不慣れな状況でテニスを始める際、今の状況よりも、相手の事をより注目していくように心がけて、普段よりも、より客観視するイメージで、テニスに入っていこうと思いました。
そうすれば、主観的な自分と客観的な自分をバランスよく整えて本番に入っていける気がしましたので。
来週の月曜、久々のシングルスがあるので、ちょっと試して見ます!
皆様にも、思い当たる節があれば、ぜひ共有してみてくださいね☆
いやー、ほんと久々に、いい勉強になった練習でした。
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手を引き出す、導き方テニスコーチングコーチ、山田でした。

そんな皆さまを引き出します!

各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ