こんにちは!
山田です!

皆さまは、

自分のプレーに入り込む感情的なタイプですか?
それとも、
自分のプレーを外から見ている冷静なタイプですか?

 

テニスにおいて、この、
感情的な自分と冷静な自分をうまく使いこなす事は、
とても重要です。

 

この両方をうまく使いこなすと、
脳のバランスが取れるようになり、
集中状態へと導いていけるからです。

 

大抵の方が、どっちかに偏ったりしているわけなのですが、
ぼくはどっちかというと、
感情的よりでした。
気持ちが先走って、

最良よりも、最高を求めて自爆していくタイプでした。
実際、何かを想像した時に、

映画のように目の前に自分が現れて、外から見ているような映像になりませんでした。

どっちかというと、
そのまま自分が、映画の主人公になっているような想像が、
目に浮かんできました。

という事で、最近、
自分を外から見れるような客観視のトレーニングを行い続けていると、
知らぬ間に、自分のイメージの中に、
自分の姿が現れるようにもなり、
うまく客観を使いこなせるようになりました。
ですから、
意図的に冷静になったり、感情的になったりのコントロールが、
比較的楽に出来るようになってきました。
あとは、
この出し入れをどのタイミングで使っていくかの見極めが上手になっていければ、
かなりメンタルコントロールが出来るようになる!
と、思っています。

皆さまはどっちよりでしょうか?
ぜひ振り返ってみてください。
何かを想像した時に、
自分の姿が現れたら客観的(冷静なタイプ)
自分がもうすでにその中に入って行っているイメージなら、主観的。(感情的なタイプ)

 

いかがでしょう?

これのトレーニング方法は・・・

またどこかでお話しますね☆

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪の高槻にて、フリーでコーチング活動を行っております!

プライベートレッスン、グループレッスン、テーマレッスン等行っておりますので、

ご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。

無料のメルマガ配信も行っておりますので、

ぜひこちらも、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

ackt.yam@gmail.com

 

メルマガ

http://actk-tennis.com/mail-magazine/

 

プライベートレッスン、グループレッスン等の詳細

レッスンプランページ

 

☆お買い物はこちらから☆