こんにちは!
山田です!

しつこいようですが、
あと一歩なんです!笑
その一歩、何が必要なのか、
今日は、それについて、自分なりの解釈をお話していきます。

この前試合を行った時に感じたもの、
それは、
勝負所の把握と、その時に出すべき自分です。

それぞれ皆さまの中で、
人を惹きつける時の自分ってないですか?

例えば、
・何かの解説をしている時
・冷静に分析している時
・楽しそうにはしゃいでいる時
などなど。

ぼくはこれを、
左脳と右脳で考えてみました。

つまり、
左脳→論理的(分析、解説)
右脳→感覚的(考えない、ただ楽しんでいる)
という感じです。

たぶんなのですが、
人間は、
論理的よりになる時と、
感覚的よりになる時とに、
分かれると思います。

そして、
これのより相手に影響を与える方を、
大事なタイミングの時に出してくると良い
と思っていました。

つまり、
たくさん人を惹きつける自分を、大切なポイントの時に出す
という感じです。

ちなみにぼくは、
完全に感覚的、つまり右脳です。
こんなブログを書いているので、分析が好きそうですが、
正直、ぼくは、
より人を集め、巻き込む方は、
考えていない時の方が強いです。

ですから、
ぼくの場合、
「ここぞ!」
という時こそ、意外に考えずプレーしない方が良い気がするんですよね。

それの方が相手への影響も大きい気がします。

そうなってくると、
最初の方にしっかり考えて、
最後感覚でプレー出来るような仕組み作りをしておく事
これが、重要だと思いました。

これは人によって変化するとは思います。
ピンチな時こそ冷静にプレーをした方が、
力が出る方もいらっしゃるかと思います。

それがどっちかを検証する基準が、
「人の惹きつけ度」
なんかな~
て、感じです。

意外に、自分が得意と思っているものとは違ったりする可能性もあるので、
一度皆さま自身で検証して頂き、
実験してみてください。

さぁこの後1歩、
これで埋める事が出来れば、
きっとぼくも、さらなる上のステージに行けるはず!
頑張らねば!

 



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪の高槻にて、フリーでコーチング活動を行っております!

プライベートレッスン、グループレッスン、テーマレッスン等行っておりますので、

ご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。

無料のメルマガ配信も行っておりますので、

ぜひこちらも、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

ackt.yam@gmail.com

 

メルマガ

http://actk-tennis.com/mail-magazine/

 

プライベートレッスン、グループレッスン等の詳細

レッスンプランページ

 

☆お買い物はこちらから☆