ゾーンという言葉はご存知?

こんにちは!教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
皆様はゾーン状態という言葉をご存じでしょうか?
ゾーン状態とは、ざっくり言うと、スーパー集中している状態を言います。
よくスポーツ選手が感想で、
「もう勝つビジョンが見えていた」
「体が勝手に動いて、なんでもうまくいった」
「余計な考えが入ってこない」
など、答えていたりしますが、その時がいわゆるゾーン状態なんでしょう。
ぼくなりの解釈で言うと、
すんごい閃く時
と、思います。
頭が空っぽで、余計な考えがなく、集中したい物事だけに意識が完全に向っている
その結果、
その物事についてめちゃくちゃ閃く
そんな状態かなって思います。

そんなゾーン状態、どうやって作る?

では、この状態は作る事は可能なのでしょうか?
脳の世界で言うと可能になります。
ちょっと難しい話になりますが、
人間というのは、
左脳、右脳、どちらかの脳をよく使っている事が多いそうです。
それぞれ、
左脳⇒よう考えて行動する脳
右脳⇒感覚で行動する脳
とう役割があり、よう考えて動く人と、感覚で動く人とに分かれる傾向があるそうです。
そして、閃きが生まれる状態というのは、左脳、右脳の使う量のバランスが取れた時に生まれてくるそうです。
つまり、
考えて行動する左脳をよく使う方は、敢えて、考えず行動してみると、右脳が働き、バランスが取れ、閃きを生み出しやすい状態になります。
逆に感覚で行動する方は、敢えて、考える1クッションを置いてみると、左脳が働き、バランスが生まれ、閃きを生み出しやすい状態になります。

注意点があります

ただし、その時の自分の状況、状態に応じて、左脳の使う量、右脳の使う量は、変わっていたりする事もありますから、自分が今どっちをよく使っているかを客観視してみて、その時使っていない方を、意識的に使って頂くと良いかと思います。
自分がどっち脳をよく使っているかは、判別の仕方は色々あるのですが、敢えて、ご説明はやめておきます。左脳と右脳の使う量は、時と場合で変わってきますので、決めつけはあまり良くないと思うので・・・
気になる方は、コメントください☆
ぜひ、自分がどちらを多く使ってそうか、閃きが欲しい時にチェックしてみてくださいね!
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!
教えられ下手が成長出来る、自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

7月もメンタルセミナーは・・・
「会話術から学ぶ、テニス上達術~1ランク上に進みたいあなたへ~」
詳細は、下記のURKからどうぞ!
平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

簡単なプロフィール

大阪の高槻にて、テニスのコーチング活動、および、メンタルセミナーを取り行っております。
また、毎日配信のメルマガ、動画によるレッスン解説等もとり行っておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
メルマガ
actk-tennis.com/mail-magazine/

動画ページ
https://youtu.be/DFQFHtQe4Wc</a