こんばんは!
山田です!

 

今日はプレー中に起きる

「迷い」

について、ちょっと考察してみます。

 

 

皆さまは、
つい動きが止まってしまう時はないですか?

・取れたボールをつい見過ごしてしまった・・・
・ストレートアタックを打たれてしまった・・・
・ロブケアに入れなかった・・・

きわどいボールはともかく、
明かに自分のボールであるものぐらいは、
取りたいものですよね。

 

 

ではなぜ取れないのでしょう?

 

それは、
「迷い」
です。

 

例えば皆さまが、
「今からストレートに球出ししまーす!」
と言われたボールは取れますよね?
しかし、
「今から、クロス、ストレートどちらかに球出しまーす!」
と、言われたボールは?

 

ちょっと難しいそうですよね?

 

 

この瞬間に何が起きているかと申しますと、
「右、左どっち!?」
という迷いが生じているわけです。

 

 

人間が考えて、行動を起こすまでに、
0.6秒もかかります。
しかし、自分が前衛にいて、ボレーで返すまでに、
たぶん0.6秒以内に到達するボールがほとんどです。

 

 

そう考えると、
このような「迷い」が一瞬でも生まれれば、
それ動きは止まってしまいますよね。

ではどうすれば良いのでしょうか?

簡単です。

 

 

「迷わない」

ようにすればいいのです。

 

長くなりましたので、

具体的なお話はまた明日☆

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪の高槻にて、フリーでコーチング活動を行っております!

プライベートレッスン、グループレッスン、テーマレッスン等行っておりますので、

ご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。

無料のメルマガ配信も行っておりますので、

ぜひこちらも、宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ

ackt.yam@gmail.com

 

メルマガ

http://actk-tennis.com/mail-magazine/

 

・4月イベント

4月は、宝の持ち腐れを、本物の宝にします!

http://actk-tennis.com/2017/03/21/tennis-event-13/

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~