習った事を素直に出来ない!

こんにちは!教えられ下手が成長できる自発型テニスコーチングコーチ、山田です。
こんなご質問を頂きましたので、お答えしていこうと思います。
「習った事を、頭では、考えてやろうと思うのだけど、体が勝手に、違う事をしてしまう」
ふむふむ。まぁよくありますよね!
頭では理解してるけど体がね~
というやつです。
言われた事を素直に吸収して、しっかり実行していきたいですよね!

なぜ素直に実行出来ない?

それは・・・
今自分がやっているプレーの方が、いい事がある
と、思っているからです。
人が癖として行う行動には、なんらかのプラスの要素が必ずあります。
例えば、
「禁煙出来ない」
という方のプラスの要素は、
たばこを吸うと、リラックスできる
という理由からなるものです。
つまり、
禁煙するためには、そのリラックスに代用できるものを用意してあげない限りは、禁煙できません。

なんらかの利点があるからこそ、癖を実行してしまう

テニスで考えてみましょう。
例えば、皆様の中に、ついサービスラインから決めようしてしまう
というやっちゃう癖があったとしましょう。これに関しても、それをやる利点があるからこそ、それをやってしまうんだと思います。
もうちょいかみ砕くと、サービスラインに滞在したい理由、利点があるから、そこから決めようとするという感じかもしれませんね。そしてそれがテニス的にまずかったとしても、自分の精神的に良いものだったら、そっちを選択してしまうと思います。

なおならない癖の理由をしっかり探して見ましょう。

ではその理由は一体なんなんでしょうか?それはその方の問題なので、個人的にセッションしていかないと、わかりませんが、多くあるのが、
◦サービスラインにいると、全面ケアできる ロブを抜かれたくない
◦サービスラインにいると、ボールの反応速度がゆっくりになるので、落ち着いてプレーが出来る
などですかね。
こういう風に、癖には、その人ならではの価値観があり、利点があるからやめられません。
もし自身で治したい癖があるとするなら、その癖をしてしまっている自分自身への利点について探してみませんか?そこが理解出来れば、癖はすぐに解消出来るかと思いますよ?
それでは今日はこの辺で。教えられ下手が成長できる自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

7月もメンタルセミナーは・・・
「会話術から学ぶ、テニス上達術~1ランク上に進みたいあなたへ~」
詳細は、下記のURKからどうぞ!
平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

簡単なプロフィール

大阪の高槻にて、テニスのコーチング活動、および、メンタルセミナーを取り行っております。
また、毎日配信のメルマガ、動画によるレッスン解説等もとり行っておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
メルマガ
actk-tennis.com/mail-magazine/

動画ページ
https://youtu.be/DFQFHtQe4Wc</a