こんばんは!
山田です!

今日はセミナーに行く予定だったのですが、
講師の先生がヘルニアで動けなくなってしまったそうで、
急きょお師匠のおうちで、デスクワークでした。
皆さまも、ケガには、十分にお気を付けくださいね。
体操の時間がない場合は、

股関節と肩関節の柔軟だけ最低限行いましょう。

股関節のストレッチのサイト
http://matome.naver.jp/odai/2135325717141489201

肩関節のストレッチのサイト
http://support.kaats.biz/training/training_6-2.php

さてさて、
本日はAMSの
アッパータイプとダウンタイプの特徴についてです。

 

アッパータイプですが、
アッパーと言われることだけあって、
上昇の動きに優れています。
つまり、
ボールを打ちに行く時に、

上昇の動きをしっかり意識して、打つと良いでしょう。

タイミングで考えます。

ボールを打つタイミングを下記の通りだとします。

1→走る
2→テイクバック
3→フォロースルー

さて、皆さまが上昇する時は、
どのタイミングでしょうか?

 

それは 3 ではないでしょうか?

つまり、アッパーはボールを打つ際、

3のリズム

を、協調して打つと力が入りやすいタイプになるということです。

 

直前まで脱力してて、打つ直前で力を一気に開放する

といった感覚がうまくできるタイプとも言えます。

 

 

では、次にダウンタイプで考えていきます。

ダウンタイプはその名の通り、下降を意味します。

つまり、

下降をより意識して打つと、パワーが発揮されます。

では、先ほどと同じように、タイミングで考えてみましょう。

皆さまが、

下降の動きをする時は、

1~3のどの動作でしょうか?

3で伸びあがるとするならば、

2で沈んでいるはずですよね?

 

 

つまり、

2を強調して打つと、より力が出るということです。

「イチ、ニー!、サ~ン」

てな、具合です。

 

 

 

そう考えると、実は、

ダウンタイプは、直前で力を爆発させるというのが、

あまり得意ではありません。

 

 

 

どっちかというと、

テイクバック時に力を入れちゃってもいいと思います。

僕は、ボレーとかもテイクバック時に結構力が入っている気がします。

 

 

てな具合で、

アッパータイプとダウンタイプの特徴の一部をお伝えしました。

他にも山ほど違いはあります!

 

 

今後ちょっとづつ出していこうと思いますので、

楽しみにしててくださいね。

ちなみに簡単な判別は、

こちらをどうぞ♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪の高槻にて、フリーでコーチング活動を行っております!

プライベートレッスン、グループレッスン、テーマレッスン等行っておりますので、

ご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。

無料のメルマガ配信も行っておりますので、

ぜひこちらも、宜しくお願い致します。

お問い合わせはこちらから♪

ackt.yam@gmail.com

メルマガはこちらから♪

http://actk-tennis.com/mail-magazine/

プライベートレッスン、グループレッスン等の詳細はこちらから♪

http://actk-tennis.com/private/

ラジオ始めました!

初回はこちらから♬

☆お買い物はこちらから☆





☆嫌な汗を卒業します!「クリアネオ」~今年の夏は爽やかに~