こんばんは!
山田です!

ランニングの筋肉痛がまだ残っています。
昔は一日寝れば治ったものが、
最近は、治りがなかなか遅い・・・笑

さてさて本日は、

AMSの完全なタイプ別でのお話しです。

まぁこの辺は、

アッパー、ダウンそれぞれの特徴と、

ストレート、クロスの特徴を合わせて考えればいいです。

とりあえずは。

とりあえずは・・・という事は、

どういう事かわかりますか?

実は、この完全なタイプ分けにも、それぞれ特徴が存在します。

が、ここは敢えてお話しはやめときましょう。

これ以上、お話しすると、

混乱しますので|д゚)

気になる方は、イベントに遊びにきてください(^◇^)

ではでは、

それぞれのタイプを整理してお話ししましょう。

アッパーのクロスタイプ(Aタイプ)

特徴

上昇タイプ
体が伸びる運動を得意とする
体はねじりたい
顔は出来るだけ残した方がよい

具体的な意識

顔は残しながら、しなやかに体を使う。
その際、体全体が上や前に伸びていくように打つと、
体の使い方の効率が良い。
一番、体制が折れ曲がってもOKなのは、このタイプ。

アッパーのストレートタイプ(Fタイプ)

特徴

上昇タイプ
体が伸びる運動を得意とする
体は、回転したい
顔は残さず、上半身と下半身を一遍に回す

具体的な意識

顔は残さず、ダイナミックに回転運動を行う。
その際、トリプルアクセルのように、
上に伸び上がりながら回転運動を行う。
一番上に伸びていく要素が多いのは、このタイプ。

ダウンのクロスタイプ(Wタイプ)

特徴

下降タイプ
体が沈んでいく運動を得意とする
体はねじりたい
顔は出来るだけ残した方がよい

具体的な意識

膝を曲げる方に意識を持って、しっかり顔を残して打つ。
体勢を低いままヒッティングすると、バランスがとれる。
一番膝が曲がるタイプと言っても良い。

ダウンのストレートタイプ(Uタイプ)

特徴

下降タイプ
体が沈んでいく運動を得意とする
体は、回転したい
顔は残さず、上半身と下半身を一遍に回す

具体的な意識

低い体勢のまま、回転運動を行う
言い換えれば、頭の高さを変えず、回転ジャンプをするようなイメージ。
背中が一番真直ぐになるのは、このタイプ。

と、ざっと説明してみました。
いかがだったでしょうか?

ちょっと難しいです・・・

と、思った方、

その通りです。

ぼくも言葉では、ご説明するのは、

とてもとても・・・

しかも、この特徴は、あくまで一部分でしかありません。

まだまだそれぞれの特徴は存在します。

しかし、

自分のタイプをしっかり理解し、

それにそってスイングしていくと、

驚くほど、気持ちよく、いいボールが打てるようになります。

ケガも少なくなりますからね。

また、自分のしやすい、しにくいものも理解出来ますから、

コーチのアドバイスも聞きやすくなります。

ぜひ、ゆっくり理解していきましょう。

皆様がしっかり理解できるよう、お悩みを題材に、

ご説明していければなと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪の高槻にて、フリーでコーチング活動を行っております!

プライベートレッスン、グループレッスン、テーマレッスン等行っておりますので、

ご要望がありましたら、ぜひご連絡ください。

無料のメルマガ配信も行っておりますので、

ぜひこちらも、宜しくお願い致します。

お問い合わせはこちらから♪

ackt.yam@gmail.com

メルマガはこちらから♪

http://actk-tennis.com/mail-magazine/

プライベートレッスン、グループレッスン等の詳細はこちらから♪

http://actk-tennis.com/private/

ラジオ始めました!

初回はこちらから♬

☆お買い物はこちらから☆





☆嫌な汗を卒業します!「クリアネオ」~今年の夏は爽やかに~