ストレートタイプは横向きが苦手?

こんばんは!
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
クロスタイプ、ストレートタイプの違い、なんとなくご理解頂けましたか?
基本はねじりたいか、ねじりたくないか、
この違いです。
なので実は、ストレートタイプの方は、基本、横を向いて何かをするという行動が苦手となります。
皆さまの中でいらっしゃいませんか?
・ボレーを横向いて打てない
・もし横を向いたら、体が正面まで回ってくる
・それを大振りしてると言われちゃう!
この人はストレートタイプ濃厚です。

なぜ横向きが苦手?

なぜストレートタイプは横向きが苦手なのか?
それは、横向きを作ってスイングすると、体にねじり運動が生まれやすいから
です。
例えば、横向きを作ってボレーするとします。
その際最低でも少しはスイングをするわけなのですが、スイングを行うという事は、体に回転運動が生じます。
その結果、普通ですと、体は正面に戻ろうとします。
しかしこの動作が、ボレーでは、「大振りしている」と言われてしまう事が多いです。
ですから、それを気にして、体の回転を止めて、ラケットだけは進行させる形を取ろうとします。
しかしこのスイングを行うと、上半身と下半身の間にねじれの運動が生まれます。
なので、ねじりが嫌いなストレートタイプの方は、横向きでのショットが苦手となりやすい、という事が言えます。

実際正面を向いてボレーされている方が多い!

ストレートタイプの方のボレーのフォームを見ていると、ほんと正面を向いたままの方が多いですよ。
悪い言い方をすると、突っ立てるまま的な・・・笑
しかし、実際は、横向きを作らない分セット早いので、実はけっこう効率が良いスイングだったりします。
逆にクロスタイプの方がこのスイングを行うと、ねじり運動が発生しずらいので、力が入りずらく、ボール負けしてしまう事が多くなります。
なので、しっかり横向きを作る事をお勧めします。
難しいなら、顔を残すだけでもOKです。
このようにストレートタイプとクロスタイプで、横向きが得意か不得意かの傾向性もでるわけですね~。
タイプ分け、実に奥が深い!
横向き作り苦手な方、ぜひ自分のストレートタイプを疑ってみてくださいね☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ