こんばんは!
山田です!

レッスン数が減って少し太り始めたので、
夜ランニングを始めました。
やってみてわかったのですが、

大事ですよ!

普段ずっと動いているはずのふとももが悲鳴をあげ、
今日はすっかり筋肉痛です。

テニスで動いていると思いきや、
実はそんなに使っていないんでしょうね。

運動というものは深い・・・

さてさて、
本日は、
AMSのストレートタイプとクロスタイプの違いについて、
お話ししていこうと思います。

こんな悩みございませんか?

体をうまくねじって、しなやかにスイング出来ない!

もしくは、

体をしっかり反転(回転)させて、ダイナミックにスイング出来ない!

実は、この違いが、

ストレートタイプと、クロスタイプの一つの特徴となります。

順に説明していきましょう。

まず、

体をうまくねじって、しなやかにスイング出来ない!

についてです。

この方は、

ボールを最後まで見れない!

関節が連動してくるような、ねじりの運動が出来ない

という事も難しいのではないでしょうか?

逆に、

ボールをあまり見ずに、打つ瞬間は正面を向いているぐらいがいい感じ

ねじるというより、ジャンプするようにダイナミックに打った方がバランスがいい

て、事はありませんか?

実は、

これが、ストレートタイプの特徴になります。

ストレートタイプの方は、

上半身と下半身をねじるというより、

上半身と下半身をそのまま、一緒に回転してしまうような動きを取るのが、

動かしやすいタイプになります。

ですから、

顔を残すと体がねじれてしまうので、逆に窮屈になってしまったりします。

ジャンプしてしまった方がいいというのも、

下半身が、地面に残っていると、上半身だけが回転してしまい、

ねじりの状態になってしまうからなのです。

つまり、

ストレートタイプの方は、

ボールを見て、地面をがっちりつかむように足を固定するというより、

回転運動を重要視して、ジャンプするようにダイナミックに打つ

と、スイングのしやすい形になります。

続いて、

体をしっかり反転(回転)させて、ダイナミックにスイング出来ない!

です。

この方は、

ジャンプするように打つと、大抵ミスする

ボールを見ていないと、真ん中にボールが当たらない、
フレームに当たる

などなど、悩みも付随してついてきませんか?

ちなみにぼくがこれです。

逆に、

地面がしっかり地についていたりすると、安定したショットが打てたり、

顔が残るくらい、ボールを見ている方が、うまくいく

という事はありませんか?

これが、クロスタイプの特徴になります・

クロスタイプは、

ストレートタイプと違い、

上半身と下半身をねじって動かしたいタイプになります。

ですから、

ジャンプしながら打つと、上半身と下半身が同時に動いてしまうので、
バランスをとれなくなってしまったり、

顔がしっかり残って打ててないと、体が回転運動してしまうので、
バランスが取れなくなり、真ん中に当たりにくくなります。

つまり、
クロスタイプは、

顔がしっかり残り、地面にも足が固定され、
上半身と下半身がしなやかに連動していけば、
なめらかなスイングになっていく

といった感じになります。

ここで、
ボールを見る事について、少し補足をしておくと、

皆様はボールを正確に見る事はできません。

知ってました?

ボールとラケットが接触する時間は、

0.003~0.005秒

しかないと言われております。

そんな短い時間をみなさんの目は正確にとらえる事は出来ますか?

難しいですよね。

ですから、

ボールをよく見てるから真ん中に当たるのではなく、
体のバランスがしっかりしているから、
捉える感覚に誤差が生まれず、
しっかり当たる

という結果になるのです。

つまり、

バランスをより取れるフォームの方があるからこそ、

きっちりインパクト出来るという事なんですよね~☆

なんとなく、特徴はわかりましたか?

正直文章で解説するには、
かなり限界があるのですが・・・・

次回は、これをさらに分解して、

アッパーの・・・
クロスタイプストレートタイプの特徴は?

ダウンの・・・
クロスタイプストレートタイプの特徴は?

を、お送りします!

しっかりついてきてくださいね~!