アッパーとダウンでリズムの取り方が違う

こんにちは!
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田です!
さて、今日のAMS解説ですが、筋肉の伸縮の話です!
アッパータイプは、上に伸びていく運動でリズムを取ればインパクトが合いやすく、
ダウンタイプは、下に沈むにいく運動でリズムを取ればインパクトが合いやすくなります。
ボールをヒットする時、よくあるリズムの取り方は、次のような感じです。
① →走る
② →止まる+態勢を落とす
③ →振る+伸びあがる
さてここで問題です。
アッパータイプ、ダウンタイプ、それぞれ、どこを強く意識してリズムを取れば良いでしょう?

伸びたいアッパー、縮みたいダウン

正解は・・・
アッパータイプ→③
ダウンタイプ→②
です!
なぜか?
まぁなんとなくわかりますかね?
②では、溜めの時間が始まるので、どっちかというの筋肉を縮める運動を行います。
つまり、ダウンタイプにとっては、イメージが取りやすい瞬間となり、②のリズムを強調する事で、タイミングを取りやすくなります。
それに対して③は、溜めたものを解放する瞬間になりますので、筋肉が伸びる運動が多くなります。
そのため、アッパータイプは、③に全力を注ぐイメージで打つとリズムが取りやすくなります。

アッパーは打つ瞬間が大切、ダウンは溜めが大切

まとめるとこんな感じ。
ダウンタイプ→ためを大事にして、その後は自然に体が動いていくようにスイング
アッパータイプ→打つ瞬間を大事にして、それ以前はしっかり脱力してスイング
こんな感じになります。
ぼくはダウンタイプなのですが、実際、溜めの方に意識を持ってきて後は脱力しに行った方が非常にスムーズに打てる感覚があります。
逆にインパクト時に力をイメージでいくと、力を入れるタイミングがずれてしまう気がします。
もし同じ傾向にある方は、もしかしたらダウンタイプの可能性がありますので、ぜひための方に意識を持ってきてくださいね☆
それでは今日はこの辺で。
教えられ下手が成長出来る自発型テニスコーチングコーチ、山田でした!

そんな皆さまを引き出します!

平日にジュニアレッスンを開始致しました!
詳しくは、下記のURLをクリック!
各種レッスンプランもご用意しております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

最新のコーチング情報はメルマガご登録を♪

地味にYoutuberもやってます・・・笑

動画ページ
チャンネル登録、宜しくお願いします♪

https://www.youtube.com/channel/UCB1vb8k9FQm2HwY6bpsHCpQ